千葉県柏市の設計事務所。自然素材、環境に配慮した住宅設計、店舗、リノベーション、&日々の暮らし、町歩き


by boro9239
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:設計・デザイン ( 65 ) タグの人気記事

c0004024_11150977.jpeg
先日お引渡しが終わりました。
充実した周辺環境でしたので借景を生かした設計を心掛けました。
ただ頂くばかりでは申し訳ないですよね。

こちらは建物の北側ですが町の借景となるようにデザインに配慮しました。
撮影時まだ外構が途中でしたが、今は板塀のしつらえ等が整い尚良い風景となっています。

by boro9239 | 2019-05-17 11:07 | works | Comments(0)

柱もリノベ

c0004024_16380517.jpg
現在進行中、久喜市O邸リノベーション。
設計監理:K+Yアトリエ
施工:芦葉工藝舎

by boro9239 | 2018-12-20 16:41 | ヒビシゴト | Comments(0)

c0004024_11451364.jpg
ホームページに新しい事例をアップしました↓
マンションリノベーション・取手市 木とバリアフリーの住まい



マンションの一室、内部をほぼ全てやりかえた、

スケルトンインフィルのリノベーションです。


車いす、バリアフリーに対応したプランと仕様、

結露対策、無垢杉材の壁仕上げ等、自然素材に包まれた空間です。


・主な仕上 床:カーペット/室内壁:杉無垢材等

・規模 一戸建て住宅リフォーム 60.5m2

・設計監理:K+Yアトリエ

・施工:タケワキ住宅建設

・竣工:2017.06


by boro9239 | 2018-12-17 11:52 | works | Comments(0)

コート掛

by boro9239 | 2018-12-06 16:06 | ワンポイント・アクセサリー | Comments(0)
c0004024_11210016.jpg
c0004024_11242072.jpg
階段の一段目がテレビ台を兼ねています。
テレビ台のカウンターはナラの集成材。
by boro9239 | 2018-11-22 11:30 | テレビ台 | Comments(0)

c0004024_13263342.jpg
c0004024_13282642.jpg
壁に取り付けるブラケット照明。
こちらは円筒型に電球をそのまま取りつけるシンプルなタイプ。
裏方のみならずメインで使う事もよくあるブラケットです。

欲しいのは照明器具ではなく灯りそのもの。
変にデザインされておらず楚々とした佇まいが魅力で
むしろこのタイプを積極的に使いたいというお客様も多いです。

by boro9239 | 2018-09-30 13:34 | 灯り | Comments(0)

コート掛け

c0004024_09522995.jpg
コート掛け。
便利なだけでなく、生活を彩る空間のアクセサリーにもなります。

by boro9239 | 2018-09-28 09:54 | ワンポイント・アクセサリー | Comments(0)

世界にひとつだけの扉

c0004024_17362095.jpg
私たちがこれまで手掛けてきた扉の中でももっとも個性的な扉。
曲線が複雑なこの格子はお客さまがネットで見つけてきたもの。
恐らく店舗か何かのインテリアで余ったパネルではないかと推測します。
程よい大きさだったので框戸としてカスタマイズしました。
冷暖房の季節はアクリルのパネルを取り付けて隙間を塞ぐ仕掛けを施しています。

by boro9239 | 2018-09-26 09:41 | 建具・開口部 | Comments(0)

室内用物干金物

c0004024_15175807.jpg
室内物干し金物といえばコレ、
という定番がありますが、
竿部分含めエレガントなものにしたい・・・

そんな場合はパイプと首長ソケットの組合せ。
こちらは真鍮で竿部分も細身、
洗濯物を干していない状態でもスッキリ。

↓参考事例




by boro9239 | 2018-09-13 15:27 | ワンポイント・アクセサリー | Comments(0)

スリット階段

c0004024_16023390.jpg
c0004024_16024854.jpg
ストリップ階段、スケルトン階段、オープン階段、呼び方はいろいろですが、
ここではスリット階段と呼ぶ事にします。
吹抜けに設ける事がほとんどでデザイン的にも存在感があり、空間と一体感もあります。
何より上り下のダイナミックな体感は、他のタイプの階段では得られない魅力があります。
ただしお子さんが幼い場合はご注意を。

↓ご参考下さい。

by boro9239 | 2018-09-12 16:20 | 階段 | Comments(0)