千葉県柏市の設計事務所。自然素材、環境に配慮した住宅設計、店舗、リノベーション、&日々の暮らし、町歩き


by boro9239
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


c0004024_13263342.jpg
c0004024_13282642.jpg
壁に取り付けるブラケット照明。
こちらは円筒型に電球をそのまま取りつけるシンプルなタイプ。
裏方のみならずメインで使う事もよくあるブラケットです。

欲しいのは照明器具ではなく灯りそのもの。
変にデザインされておらず楚々とした佇まいが魅力で
むしろこのタイプを積極的に使いたいというお客様も多いです。

by boro9239 | 2018-09-30 13:34 | 灯り | Comments(0)

コート掛け

c0004024_09522995.jpg
コート掛け。
便利なだけでなく、生活を彩る空間のアクセサリーにもなります。

by boro9239 | 2018-09-28 09:54 | ワンポイント・アクセサリー | Comments(0)
c0004024_10070445.jpg
先日、自然と住まい研究所の社員旅行に参加しました。
他に伊礼智設計室の伊礼さん、所員の皆さん、OBの本田さん、
徳田英和設計事務所の徳田さん、Casa建築設計事務所の飯塚さん、ONO設計室の小野さん、
アドブレインの塚本さんが参加。

宿泊先、というか目的の場所は裏磐梯のオーベルジュ、ホテリ・アアルト。
夕食後は伊礼さんのスライドショー、宿泊中は実測スケッチ大会とてんこ盛り(笑)、
とても刺激的なメンバーで楽しく有意義な旅を堪能致しました。

by boro9239 | 2018-09-27 09:44 | マチアルキ・旅・建築見聞録 | Comments(0)

世界にひとつだけの扉

c0004024_17362095.jpg
私たちがこれまで手掛けてきた扉の中でももっとも個性的な扉。
曲線が複雑なこの格子はお客さまがネットで見つけてきたもの。
恐らく店舗か何かのインテリアで余ったパネルではないかと推測します。
程よい大きさだったので框戸としてカスタマイズしました。
冷暖房の季節はアクリルのパネルを取り付けて隙間を塞ぐ仕掛けを施しています。

by boro9239 | 2018-09-26 09:41 | 建具・開口部 | Comments(0)

室内用物干金物

c0004024_15175807.jpg
室内物干し金物といえばコレ、
という定番がありますが、
竿部分含めエレガントなものにしたい・・・

そんな場合はパイプと首長ソケットの組合せ。
こちらは真鍮で竿部分も細身、
洗濯物を干していない状態でもスッキリ。

↓参考事例




by boro9239 | 2018-09-13 15:27 | ワンポイント・アクセサリー | Comments(0)

スリット階段

c0004024_16023390.jpg
c0004024_16024854.jpg
ストリップ階段、スケルトン階段、オープン階段、呼び方はいろいろですが、
ここではスリット階段と呼ぶ事にします。
吹抜けに設ける事がほとんどでデザイン的にも存在感があり、空間と一体感もあります。
何より上り下のダイナミックな体感は、他のタイプの階段では得られない魅力があります。
ただしお子さんが幼い場合はご注意を。

↓ご参考下さい。

by boro9239 | 2018-09-12 16:20 | 階段 | Comments(0)
c0004024_16010826.jpg
小あがりの和室。
リビングに続くタタミコーナーとしての空間なので戸はありません。
オムツ替え、洗濯物を畳むコーナーとして、
お子さんのプレイルームとしても機能しています。
また北側の風景をリビングに取り込む役割も果たしています。

by boro9239 | 2018-09-07 11:50 | 和室 | Comments(0)

ビーチグラスと洗面器

c0004024_15543168.jpg
フォルムのカーブがかわいい洗面器。
決して広い洗面室ではありませんが、
ゆったりした容量と二つの水栓でカバーしています。
正面奥の壁にはビーチグラス。
お客様ご自身で海に行った時にちょっとずつ集めてきたものを施工されています。

by boro9239 | 2018-09-06 11:46 | 洗面室 | Comments(0)
c0004024_00061243.jpg
広いリビングとキッチンの脇にダイニングの構成。
比較的オーソドックスな配置ですが、
二世帯住宅ということもあり、かなりゆったりしたメイン空間となっています。

by boro9239 | 2018-09-03 00:02 | リビング.ダイニング | Comments(0)

ナナメ

c0004024_11142661.jpg
c0004024_11153365.jpg


私(国美)の師匠、丸谷博男さんは一見アクロバティックに見えるナナメ(斜め)を割とよく設計に取り入れます。
その影響か、私達k+yも時々設計に取り入れることがあります。
ちなみに兄弟子の伊礼さんはあまりやりませんね。

こちらは玄関ポーチが斜めになっています。
理由は三つ。
1.玄関までのアプローチに合わせて。
 アプローチは直角を避けるようにしています。それに合わせて角度をつけています。
2.庭のゾーニングの為
 庭の維持管理は大変です。そこで有効なのはゾーニング、エリアを分けることです。
 斜めに突き出すことで庭のエリア分けの役割をしています。
3.企業秘密(笑)

思い付きでナナメ(斜め)にしているのでは無く、いろんな意味、意図があるのです。

by boro9239 | 2018-09-01 11:40 | 設計手法 | Comments(0)