千葉県柏市の設計事務所。自然素材、環境に配慮した住宅設計、店舗、リノベーション、&日々の暮らし、町歩き


by boro9239
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ブンカケイ( 43 )



どこを切ってもポンジュノ印。

彼の集大成の作品と言っても良いのでは無いでしょうか。


非常に今日的なテーマを扱っており、

また住宅、都市についても考えさせられる映画でした。


結構な劇薬なのでポンジュノ作品に触れたことのない人はご注意を。

またネタバレにはご注意下さい。


by boro9239 | 2020-01-19 15:37 | ブンカケイ | Comments(0)
非常にはっきりとわからない展_c0004024_10051648.jpg
非常にはっきりとわからない展_c0004024_10054786.jpg
話題だった「目 非常にはっきりとわからない」展に昨年行ってきました。
千葉市美術館はなかなか攻めた企画をやっていて気になる存在ですが、
今回もやってくれましたね。

さや堂方式という新旧合わせた建物自体の批評性まで包括したような
ここでしか出来ないインスタレーション、お見事です。

謎を解こうとすればするほどはっきりとわからなくなっていくあの感覚、
まるで綾辻行人さんの小説を読んでいる感じで、
肉体的ミスリードとでも言えば良いのでしょうか、
なかなか得難い体験でした。

謎解き自体は一つのプロセスだと思いますがが
この作品の明確な意図が読み取れる部分がありました。
それはエレベーターホールの「あれ」。
良く分からなかったと言う人も「あれ」を見れば
そこに関しては作者の意図ははっきりと理解できるでしょう。
作品を堪能できた人含め「あれ」を確認した人ってどれだけいるんでしょうかね?

更に驚いた事にこの作品の展示後、
千葉市美術館はリニューアルオープンの為しばらく本当に休館との事。
今回の展示は美術館スペースが工事中のような体裁でしたが
まさかそこも現実に繋がっているとは。
まるで後日談のようで凝ってますね。


by boro9239 | 2020-01-08 11:30 | ブンカケイ | Comments(0)

シド・ミード展

シド・ミード展_c0004024_11252321.jpg
シド・ミード展_c0004024_11261578.jpeg
シド・ミード展_c0004024_11264495.jpg


令和の初日に未来を見に行きました。

千代田アーツ3331で開催されていたシド・ミード展。

私が行った時は25分待ちだったのでラッキーでした。

最近の展示会は一部撮影オーケーな事もあって楽しいですね。


感心したのは彼のイメージボードのほとんどに、人、生物が描かれ、

点景を超えた世界観、物語が描かれているところです。

ブレードランナーのあの世界観、背景美術は

彼の存在無くしてはあの作品は生まれなかったと言われていますが、なるほど納得です。


工業デザイナーの枠を大きく逸脱した彼をカテゴリーする言葉はなく、

世界で唯一のヴィジュアル・フューチャリスト、

フューチャリスト・デザイナーと呼ばれているそうです。


デザインとはその物だけではなく、関係をデザインすることが重要。

人がどう使うか、どう楽しむか、どのようなシチュエーションで必要か・・・

建築も同じですね。


楽しいだけでなく学ぶ事の多い展示会でした。


by boro9239 | 2019-06-06 11:47 | ブンカケイ | Comments(0)
内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える_c0004024_12121881.jpeg

お盆休み、水戸芸術館へ、念願の内藤礼の展示会に行ってきました。
子供達が水浴びしていて気持ち良さそう。
あー私も水浴びしたい・・・(笑)

さて展示会。

美術館の素の空間、光と影、彷徨う人。
あるのか無いのか存在が定かで無いような儚げな作品群。
しかしその微かな気配が、確かにこの空間、時間を生み出し、人を動かしている。


by boro9239 | 2018-08-23 12:36 | ブンカケイ | Comments(0)
アートを探す/第17回我孫子国際野外美術展_c0004024_12203764.jpg

雑木林の奥に点在するアート。
美術館があまり好きでない息子もちょっとした探検気分を味わえるので、
これは楽しいらしい。
by boro9239 | 2014-11-10 12:22 | ブンカケイ | Comments(0)

夏休みの読書感想?

夏休みの読書感想?_c0004024_16293970.jpg

かまわぬと角川文庫のコラボ。
これなら普段殆ど小説を読まない私でも
思わず手に取ってみたくなります。

というわけでこの中から
夏目漱石の「こころ」を入手。
by boro9239 | 2014-08-10 16:29 | ブンカケイ | Comments(0)

福家警部補の挨拶

学生時代の友人であり、私達k+yアトリエのクライアントでもあった方が関わっている、
現在放送中のテレビドラマ、「福家警部補の挨拶」

まだ最新話まで見れていませんが、とても面白い。
役者同士の掛け合いも楽しい、好きなタイプのドラマです。

朝ドラは見ていますが、TVの1時間ものドラマで
ここ十数年で見たのは「熱海の捜査官」ぐらいなので(笑)、
ホントに久しぶりにシリーズドラマを堪能中。
by boro9239 | 2014-03-08 10:20 | ブンカケイ | Comments(0)

ル・コルビュジエの家

主人公はコルビュジエが設計した住宅に住むデザイナー。
ある日その隣に引っ越してきた、少々風変わりな男が
自分に家のリフォームを始めるが、新たに窓を付け始めた事から、
二人のいざこざが始まる・・・
アルゼンチン映画。

レンタルショップで発見。
こんなマニアックな映画、すぐ無くなるような気がするので、即レンタル(笑)。
不条理もの?、心理劇がお好きな人なら大丈夫だと思いますが、
眠くなる人は眠くなるかも。

主な舞台は、ブリーズ・ソレイユが特徴的なファザード、内部にスロープ、
いかにもル・コルビュジエな、クルチェット邸。
建築好きな人ならやはりそれなりに楽しめると思います。

個人的には門廻りのデザインが興味深かったです。
コルビジェの家で、ミースの話をするところなんてちょっとクスッときます。

ル・コルビュジエの家 [DVD]

アメイジングD.C.


by boro9239 | 2013-11-21 14:45 | ブンカケイ | Comments(0)
東京ステーションギャラリー「始発電車を待ちながら」_c0004024_167012.jpg

東京ステーションギャラリー「始発電車を待ちながら」。
リニューアルオープンの第一弾(だと思います)。
プラレールのインスタレーションがサイケでカッコ良かったです。
床、壁、天井の大量のプラレールは男子心をくすぐる夢のような作品でした(笑)。

展示スペースの外にもプラレールがはみ出していたり、遊び心のある構成。
他にも影のインスタレーション、映像作品等
なかなかグッと来る作品が多くおすすめの展示会です。
会場は過去の建物のレンガ材の壁が露出していてそのあたりも見どころです。
ただ会場案内の人達が妙にせかす誘導をするのにはちょっと残念。
今後は改善して欲しいところですね。
by boro9239 | 2013-01-28 16:07 | ブンカケイ | Comments(0)
今年のAIOE我孫子国際野外美術展_c0004024_1442213.jpg

今年のAIOE我孫子国際野外美術展(既に終了)。
美術館に連れて行くとテンションの下がる息子ですが(笑)、
屋外アート、このイベントは毎年楽しんでいます。
私(国美)は痛風と多忙につき今年は残念ながら見送り。
近場で「アートラインかしわ」がまだやっているので、
そちらは覗いてみたいと思っています。
by boro9239 | 2012-11-15 14:05 | ブンカケイ | Comments(0)