千葉県柏市の設計事務所。自然素材、環境に配慮した住宅設計、店舗、リノベーション、&日々の暮らし、町歩き


by boro9239
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ウラシマソウ

ウラシマソウ_c0004024_1395033.jpg

浦島草。

雑木林に咲いているのをご近所の方に教えて頂きました。
確かに浦島太郎が釣りをしているようにも見えなくない。
食虫植物だそうですが、怖いというより神秘的。

訂正。
食虫植物とは違うようです。
花粉の確保の為虫を捕らえるしくみは持っているようです。
捕虫植物とでも言うのでしょうか。
雄性の仏炎苞(ぶつえんほう。植物の世界ではこの袋状にそんなけったいな名が
あるようです。)で花粉をまとった虫が、雌性の仏炎苞に入ると、
今度はそちらは出られないしくみになっていて、受粉させるのだそうです。
恐ろしや。両性具有の場合もあるそうです。
う〜ん奥深い。
Commented by pagezeni at 2008-06-12 11:29
玉手箱はどこかな~と探していると、
いつの間には這い上がることのできな
いところに落ちている…という仕組みで
しょうか(^_^;
Commented by red_95_virgo at 2008-06-12 15:56
自分はこれをずっと「マムシグサ」だと思ってましたが、言われてみればマムシグサには釣り糸に見えるヒゲが無い。
調べてみたら、マムシグサとウラシマソウは同属なんですってね。
テンナンショウ属の植物は、おもしろい形のものが多いですね。
マムシグサは山のなかで出会うとやっぱりちょっとどっきりします。
Commented by boro9239 at 2008-06-13 09:39
pagezeniさん、食虫植物では無かったようです。実際はpagezeniさんのイメージの方が近い感じのようです(笑)。
Commented by boro9239 at 2008-06-13 09:45
redさん、名前の影響ってあるかもしれませんね。ウラシマ草だと
「ちっこい浦島太郎見つけた!」って気分になれますが、マムシ草だとちょっとねえ(笑)。ちなみにカラスビシャクなんていう似たものも生えてましたが、こちらは小さくって愛嬌あります。
by boro9239 | 2008-06-11 13:10 | ミチクサ・自然 | Comments(4)