千葉県柏市の設計事務所。自然素材、環境に配慮した住宅設計、店舗、リノベーション、&日々の暮らし、町歩き


by boro9239
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

七草がゆの「?」

七草がゆの「?」_c0004024_2233776.jpg

春の七草といえば、
せり、なずな(ペンペン草)、ごぎょう(母子草)、はこべら、
ほとけのざ(おおばこ)、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)。

今年も恒例の七草がゆを食べた。
今年のはまたいつもより美味しかった。
生協のセットではあるが。

近所で何種類確保できるか、一度摘んでみたいもの。
なずな、はこべらはそこら辺でよく見かけるが、あれは食べられるのだろか?
そもそもこういうセットが出回るようになったのはいつ頃なのだろうか?
それまでは誰もがその辺で摘んで食べていたのだろうか?

もともとどこにでもあった雑草(ですよね?)が身近に無くなってしまったとすれば
それはとても恐ろしいことなのではないだろうか?
スローフードだとかロハスだとか言ってる場合ではない気がするが・・・。

この七草がゆを食べるとふつふつと「?」が浮かび上がり、
やがてそれは人類滅亡の妄想にまで膨らみ(笑)、
いつもちょっと鬱な気分にさせられる。

けれど食べ終わる頃には、その「?」も満ち足りた食欲によって
たちまち忘却の彼方へ押しやられ、そしてまた来年、同じ繰り返し・・・。
いけませんね。
Commented by red_95_virgo at 2006-01-11 14:52
昔は春になると毎週日曜日は家族で山に出掛け、ふきやわらびやよもぎを摘んてきたものです。ふきは佃煮、わらびはおひたしにしたり、よもぎは茹でて細かく叩いて新粉に混ぜて、よもぎ団子を作ります。自然薯を掘ったり、タラの芽を探したりもしました。
そこらへんの山で採ってきたもので、結構うちの食卓は賑わってたんだなあと今にして思います(食費節約対策だったのかも・笑)。
なずなもはこべら(はこべ)も、さっと茹でておひたしにしたりして食べられるようですよ。
摘み草して雑草料理パーティーとか、子供も大人も楽しめそうですね。ただ、ときどき毒のある草があったりするから、うっかり間違わないように、詳しい方にナビしてもらったほうが良いかも知れませんが。
Commented by boro9239 at 2006-01-11 15:33
redさん、それは楽しそうですね!(そうでもない?笑)
僕もよもぎなら昔は良く採ってきてよもぎもち作りましたねえ。
ブタクサ(だったかな?)を間違って摘んでしまったり。
その頃は今よりまだ土手とか原っぱとかあったなあ。
自分の仕事は、どう気を遣ってもそういうのを潰してしまう側にいる、
ということにせめて自覚的でなければいけないですね。
by boro9239 | 2006-01-07 22:34 | ノミクイ | Comments(2)