千葉県柏市の設計事務所。自然素材、環境に配慮した住宅設計、店舗、リノベーション、&日々の暮らし、町歩き


by boro9239
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

スーパースケール/両国マチアルキその4

好きか嫌いか?

ものごとを感覚的にとらえることはなにより重要な事だと思うが、
それだけでは、自分が得られるものは少ない。

何故それが好きなのか、嫌いなのか?
そう考えてみると湧き上がった感情は少しは自分の糧として還元できる。

江戸東京博物館の事を何故自分は好きになれないのか?
それを実際見て確かめて見ることにした。

大きな建築の場合、都市的スケール、スーパースケールとして
シンボル性、構築的にデザインするのは一つの方法としては確かに有効だと思う。
しかしその場合、見せ方が重要で、より多くの人に見られる場所から見たとき、
その建物のシンボル性が最大限に発揮されるようにデザインすべきだと思う。

この場所はJR総武線沿いにあるので、特に多くの人の目に飛び込んでくるのは
電車からの眺めであり、ここからの風景が最も重要なはずだが・・・。

スーパースケール/両国マチアルキその4_c0004024_4533434.jpg

江戸東京博物館の場合ぶっとい足しか見えない。
4っつの足で巨大な建物を支えているというのが
この建築の特徴なはずだがそれを感じることが出来ない。
総武線を利用している人が毎日これを見せられるかと思うと気の毒である。
この建物の下にある広場に桜並木でもあれば、随分印象は違うだろう。

スーパースケール/両国マチアルキその4_c0004024_4531432.jpg

対照的なのが両国国技館。電車の中からだと屋根だけが見える。
この建物の特徴はなんといっても和風?の大屋根。
この建築の好き嫌いは別としても、シンボル性の獲得としては
こちらは成功している。
Commented by tanaka-kinoie at 2005-05-21 22:06
私もこのぶっとい足を見慣れている一人です
やっぱり足は綺麗じゃなきゃ(笑)
Commented by boro9239 at 2005-05-22 22:42
そうそう!そうなんですよ、 tanaka-kinoie様。
せめて足でも美しければ・・・
Commented by studio-tsumugi at 2005-05-23 15:02
このエスカレーターのところです! 突風が凄くて。。。
チケットもこの広場?で買うのですがそこからエスカレーターに行くのに
ヒハヒハ言いながら到達しました。
見学終わって出た時は、「ここは裏口?」みたいなところから出たこと覚えてます。
Commented by boro9239 at 2005-05-25 10:31
studio-tsumugi様、ここには大阪万博の亡霊のようなデザインが
キノコのように時々ニョキニョキっと姿を見せます。
このエスカレーターもそんな感じ。
好き嫌いは別として、こんなにがんばってデザインされている割には
人目に付かないのはもったいない気がしました。

by boro9239 | 2005-05-20 04:37 | マチアルキ・路上観察・建築見聞録・旅 | Comments(4)