K+Y アトリエ一級建築士事務所

タグ:自然素材 ( 22 ) タグの人気記事

リビングダイニング/柏ボックス

c0004024_09232840.jpg
柏ボックスのリビングダイニング。
コンパクトな空間ながら吹抜けのある開放的な空間。
床は西南サクラ(節アリ)、キッチンのアイランド収納は杉仕上。
窓はアイランドプロファイルの木製サッシ。

by boro9239 | 2017-07-14 09:31 | works | Comments(0)

柏ボックス

c0004024_17422140.jpg
c0004024_17532692.jpg
c0004024_17531146.jpg

4月にお引渡した柏ボックス。
現代の商店街に建つ蔵、そんなイメージです。
一階が店舗、二階が住まいの併用住宅です。

主な外壁はドイツ本漆喰吹付け(株式会社プラネットジャパン)。

設計監理:K+Yアトリエ一級建築士事務所
施工:  タケワキ住宅建設

by boro9239 | 2017-07-07 17:44 | works | Comments(0)

柏ボックス

c0004024_12511673.jpg


お客様から立て続けに「ブログ見ました」とお声掛け頂き、
これはまずいと思ったらなんと9月以来。
しかも前回の投稿すら久しぶりに、と書かれていて・・・(汗)

さて気を取り直して。

柏ボックス。
建物本体の工事は終わりましたが外構が残っていて現在進行中です。
これから少しずつアップしてゆきます。
どうぞお楽しみに。
by boro9239 | 2017-02-27 12:51 | ヒビシゴト | Comments(0)

再びhomifyの特集で取手市O邸新築工事が取り上げられました。

c0004024_857131.jpg

homifyにて再び取手市O邸が再び取り上げられました。
今回は新築のプロジェクトとして。→今回の特集
ちなみに前回は何故かリノベーション特集の一例としてでした(笑)。→前回の特集


小さな家のススメ。

家は広い方が良い、というのは普通に思う事でしょう。
しかし、家が広く大きくなれば、当然その分の費用もかさみますので、
広さを取る分、何かをあきらめなければなりません。
予算に余裕があればまた話は別ですが、そうもいかないのも現実です。

けれどその広さは本当に必要な広さでしょうか?
無駄な贅肉となっていないでしょうか?

私達は一戸建てのリノベーションも多く手がけていますが、
広すぎる家は案外有効に使われていない事が多いです。
掃除も大変ですし、メンテ、改修にも広い分お金が掛かってしまいます。
お子様も巣立つと尚更です。

では小さな家はどうでしょう?

取手市O邸は、約23.5坪(吹抜け含め約25坪)でコンパクトです。
しかし開放的な吹き抜け、クライアントこだわりの飾り棚、
シューズクローゼット、小屋裏収納、自然素材、床暖房…
コンパクトながら、濃厚で楽しい住まいです。
将来の事も踏まえ設計されています。
敷地は約57.6坪なので、余裕がありとてもゆったりしています。

小さな家でも快適で開放的で居心地の良い住まいにする事は可能なのです。

取手市O邸は本体工事、外構工事、設計料、ブラインド類、消費税(当時5%)等、
建築に関わる殆どの費用は2100万円以下に抑えています。
しかし、いわゆるローコスト住宅ではありません。
これだけ中身や質を充実させれば当然の事です。
しかしコンパクトにすれば総額を抑える事が出来ます。

家をコンパクトにして、自分の理想の家に近づける。
そんな逆転の発想も検討してみてはいかがでしょう?

→取手市O邸新築工事
by boro9239 | 2016-04-22 08:48 | お知らせ・イベント | Comments(2)

杉の箱1ウラ/柏市K邸リフォーム工事

c0004024_11591541.jpg


杉の箱の後ろは納戸になっています。
写真右側は収納棚、写真左側の壁は構造用合板に白塗装仕上で、
壁全体が連絡ボードになっています。

お子さんの連絡用プリント等、整理がしやすく、
杉の箱が適度に隠してくれることで、
リビングダイニングが煩雑になる事はありません。
しかも左右から廻れるプランなので家族全員の目につきやすく、
情報を共有しやすくなります。

一見奇麗な空間も使ってみたら台無し、とならないように設計する事も大切です。
by boro9239 | 2016-03-31 18:40 | works | Comments(0)

杉の箱1オモテ/柏市K邸リフォーム工事

c0004024_10343642.jpg

柏市K邸のリビングダイニングの収納は杉の箱。
後ろに廻ると収納棚があり納戸スペースとなっています。
杉の箱の壁は天井一杯まで無いので、圧迫感もありません。

表側は杉の縁甲板張りでスッキリとデザインされ、
裏側はざっくばらんに使える収納、納戸スペースという仕掛けです。

家の中心にしっかり収納スペースを確保する事で、
日々の生活をコントロールする事が可能となります。
by boro9239 | 2016-03-31 18:30 | works | Comments(0)

無垢フローリングのススメ/アカシア

c0004024_18355712.jpg

柏市K邸リフォーム工事の廊下の床はアカシアの無垢フローリング。
少し荒いイメージのフローリングにしたい場合、オススメです。
by boro9239 | 2016-03-11 18:43 | | Comments(0)

無垢フローリングのススメ/杉

c0004024_20384061.jpg

柏市K邸リフォーム工事ではメインの床は杉の無垢フローリング。
針葉樹系フローリングの中では比較的安価でオーソドックスです。
ただし白太、赤身、無節、柾目等々こだわりだすと
かえって高価な材となってしまうのでそのあたりはご注意を。

同じく針葉樹系のレッドパインよりも木目が目立ち、
曲線状であっても全体的には真っ直ぐ延びるような印象が特徴的です。
足触りの柔らかさ、暖かさ、手頃な値段、何より国産というのも良いですね。
by boro9239 | 2016-03-10 20:57 | | Comments(0)

キッチン2/柏市K邸リフォーム工事

c0004024_1064195.jpg

柏市K邸はオリジナルデザインのキッチンです。
カウンタートップはステンレス、
下部の箱部分はシナランバーをベースに、
大工工事により制作しています。

シンクの足元はオープンでゴミ箱等すっきり納める事が出来ます。
引出しと扉は必要最小限に、それ以外はオープン棚がメインの構成です。
今後の生活の変化にあわせて扉や引出しを増やす事も出来ますし、
将来ビルトイン食洗機を入れる事も出来るように工夫されています。
その辺り、柔軟に対応出来るのもオリジナルキッチンの強みです。

例えばこんな工夫も・・・
by boro9239 | 2016-03-07 10:15 | works | Comments(0)

キッチン/柏市K邸リフォーム工事

c0004024_12345216.jpg

柏市K邸リフォーム工事は木造一戸建て住宅のリノベーション。
リノベーションの中心はキッチンになる事が多いですが、
こちらも主役はやはりキッチンでした。

以前はI型だったキッチンをL型+アイランドカウンターにより、
使い勝手の向上とコミュニケーション重視の配置としました。

キッチンの本体はシナ、カウンタートップはステンレス、
杉の埋め込み収納とタイル、塗装の壁が特徴的、
お客様のご要望、使い勝手に合わせて設計された、
こだわりのオリジナルデザインのキッチンです。

また家具工事と違い大工工事のため、キッチン本体の費用は
一般的な既製品L型とほとんど変わりません。

キッチンのビフォーはこちら
by boro9239 | 2016-02-28 12:43 | works | Comments(0)