K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

仏間/市川市K邸

c0004024_2035257.jpg

先日お客様とお打合せの際、仏壇についての話が出ました。
今まで何度も仏間を含む設計をしてきましたが、
良い機会なので仏間についてこれまでの仕事を整理していこうと思います。

市川市K邸では小上がりの和室の一角に仏間を設けています。
小上がりは段差によって少し特別な空間になりますので、
仏間との相性も良いような気がします。
by boro9239 | 2016-04-30 20:52 | works | Comments(0)

2016年の木香バラ

c0004024_14252164.jpg

今の時期、庭の花が最も奇麗な季節です。
木香バラも満開。
八重のヤマブキと花のカタチは似てますが、こちらの方が少し白みがかっています。
by boro9239 | 2016-04-26 14:27 | アトリエの風景 | Comments(0)

八重、一重のヤマブキ

c0004024_20381446.jpg

c0004024_20374259.jpg

庭が一気に花盛り。
ヤマブキは八重、一重があります。
by boro9239 | 2016-04-23 20:39 | アトリエの風景 | Comments(0)

再びhomifyの特集で取手市O邸新築工事が取り上げられました。

c0004024_857131.jpg

homifyにて再び取手市O邸が再び取り上げられました。
今回は新築のプロジェクトとして。→今回の特集
ちなみに前回は何故かリノベーション特集の一例としてでした(笑)。→前回の特集


小さな家のススメ。

家は広い方が良い、というのは普通に思う事でしょう。
しかし、家が広く大きくなれば、当然その分の費用もかさみますので、
広さを取る分、何かをあきらめなければなりません。
予算に余裕があればまた話は別ですが、そうもいかないのも現実です。

けれどその広さは本当に必要な広さでしょうか?
無駄な贅肉となっていないでしょうか?

私達は一戸建てのリノベーションも多く手がけていますが、
広すぎる家は案外有効に使われていない事が多いです。
掃除も大変ですし、メンテ、改修にも広い分お金が掛かってしまいます。
お子様も巣立つと尚更です。

では小さな家はどうでしょう?

取手市O邸は、約23.5坪(吹抜け含め約25坪)でコンパクトです。
しかし開放的な吹き抜け、クライアントこだわりの飾り棚、
シューズクローゼット、小屋裏収納、自然素材、床暖房…
コンパクトながら、濃厚で楽しい住まいです。
将来の事も踏まえ設計されています。
敷地は約57.6坪なので、余裕がありとてもゆったりしています。

小さな家でも快適で開放的で居心地の良い住まいにする事は可能なのです。

取手市O邸は本体工事、外構工事、設計料、ブラインド類、消費税(当時5%)等、
建築に関わる殆どの費用は2100万円以下に抑えています。
しかし、いわゆるローコスト住宅ではありません。
これだけ中身や質を充実させれば当然の事です。
しかしコンパクトにすれば総額を抑える事が出来ます。

家をコンパクトにして、自分の理想の家に近づける。
そんな逆転の発想も検討してみてはいかがでしょう?

→取手市O邸新築工事
by boro9239 | 2016-04-22 08:48 | お知らせ・イベント | Comments(2)

熊本の地震

c0004024_20311686.jpg

直下型の地震という事もあってか建物の被害も大きい様子。
建物にいるのが怖く、夜通し外に避難している方も多いようです。
震度6以上の地震がこれだけ続くと、精神的にもつらいでしょう。
早くおさまる事を祈るばかりです。
by boro9239 | 2016-04-16 20:34 | ヒビアレコレ | Comments(0)

DIYでお店づくり

c0004024_2025020.jpg

小さな棚、備品はお客様のdiyにより取付。
お父さんの強力サポートもあり、素人のレベルではありません。
素晴らしい!
by boro9239 | 2016-04-14 10:16 | ヒビシゴト | Comments(0)

手賀沼の桜/2016年春

c0004024_17362244.jpg

振り返えってみるとこれまで自分が住んでいた街はどこも桜が奇麗でしたが、
柏の手賀沼周辺の桜もなかなかのものです。

こちらは事務所から歩いてすぐ行ける手賀沼に流れる大堀川。
桜と水辺と土手、最高ですよ。
by boro9239 | 2016-04-06 17:48 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(0)