K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

洗面室、トイレ/陽廻りの家

c0004024_12584644.jpg

c0004024_1341254.jpg


陽廻りの家は終の住処としてこれまで暮らしてこられた
一戸建ての住まいをリフォームしました。
特に水廻りのリノベーションは大きなテーマ。

浴室、洗面、トイレの配置はそれほど変わっていませんが、
設備は総入れ替え、サイズ変更、使い勝手の変更等で
かなり細かくかつ大きく手を入れています。

洗面カウンターは人工大理石でサイズを部屋の巾に合わせスッキリとデザイン、
鏡収納はIKEAの既製品、床はチークのフローリング。

水廻りの温熱環境の確保も終の住処としては大きなテーマ。
陽廻りの家はエネファームを採用していますが、
こちらの冷暖房はそこからまかなっています。

床のチークは工務店さんから余っているとの事なので
同じ予算内で入れてもらいました。
もちろんいつもこういう事がある訳ではありません。
それに空間に合わない場合もありますし。
あくまで運が良ければという事で・・・(笑)
by boro9239 | 2014-09-30 12:59 | works | Comments(0)

マウスコンピューターにしてみました

c0004024_11591227.jpg


近頃のpc事情はずいぶん様変わりしたようです。
というか、日本の家電メーカーの衰退を実感してしまいます。

家電量販店に行くと、macはまだ勢いを感じますが、
他はかなり寂しい感じ。
スマホ等タブレット端末への移行、他国の隆盛、人口減少、経済縮小、
様々な理由があると思いますが、
本当に必要なもの、広い意味での良いデザインを生み出す事が出来なかった、
というのもその一つのような気がします。

これは表層的なことではなく根本的な仕組みや、哲学の問題じゃないかと。
そしてそれはそのまま日本の社会についても当てはまる気がします。

日本の社会も抜本的にベクトルを変えていかないと、
このままずるずるいってしまうのではないかと危惧してしまいます。
じゃあどうすればいいのか?と問われても明確な答えを持ち合わせていませんが・・・



さて話が大きくなってきましたが、もうちょっと続きます(笑)・・・。



私達に必要なのは、家庭で使うよりやや高スペック、余計なものが無いwindowsパソコン。
残念ながら、名のある日本のメーカには私達にとって必要な欲しいpcは
見つけられませんでしたが、別のところにありました。

知り合いの方に教えてもらったマウスコンピューターという会社の商品。
日本のBTOの直販メーカーです。(BTOとは・・・ネットで調べて下さいw)
パソコンの直販メーカーの事はこれまでなんとなく耳にした程度で
実際に触れて購入したのは初めてですが・・・なかなか良いです。

まだ使い始めたばかりなので何ともいえませんが、今のところ問題無し。
セッティングに不具合があり、早速サポートセンターに連絡しましたが、対応も良かったです。
(結局こちらの問題でした。)

時代は変わりました。当たり前ですが世界は常に流動している訳です。
もちろんいい事ばかりじゃないけど、悪い事ばかりではない。
希望の光は常にあるもの。
出来る事を探していきたい。

以上、そんな事を考えさせられるpc購入の顛末でした。
by boro9239 | 2014-09-24 12:00 | ヒビアレコレ | Comments(0)

タマスダレ

c0004024_12184588.jpg

あ、さて、あ、さて、さてさてさてさて、さては南京タマスダレ、
の方ではございません。

名前のイメージとは裏腹に可憐。
庭にタマスダレが咲いています。
by boro9239 | 2014-09-22 12:23 | アトリエの風景 | Comments(0)

床の間/陽廻りの家

c0004024_8151183.jpg


耐震補強、採光の確保の為、床の間は既存から様変わりしましたが、
落し掛け、床柱は残し記憶を受け継いでいます。
また灯りの仕掛けを仕込む事で、
既存の平書院、新たに設けた正面の縦長の障子による間接照明の遊びも。
by boro9239 | 2014-09-20 08:13 | works | Comments(0)

板塀とデッキ/陽廻りの家

c0004024_9133254.jpg

既存のブロック塀の手前に板塀を建て、新たに広いデッキを制作。
外の景色がきれいになるとつい眺めたくなりますね。
デッキは庭と屋内を繋げ、部屋の広がりも与えてくれます。
by boro9239 | 2014-09-18 09:17 | works | Comments(0)

LDK/陽廻りの家

c0004024_9104480.jpg


以前は和室の続き間とお勝手だった一階を
ワンルーム的に空間をつなぐ事で開放感と採光を確保。
by boro9239 | 2014-09-18 09:12 | works | Comments(0)

廊下から/陽廻りの家

c0004024_984138.jpg


廊下からLDKを覗く。
二枚の框戸を引くとフルオープンの出入り口。
真ん中に既存の柱が残ります。
新築でここに柱を立てる事はまずやらないのでそれがかえって面白い。
これもリフォームならではの個性。
by boro9239 | 2014-09-18 09:09 | works | Comments(0)

生まれ変わった縁側/陽廻りの家。

c0004024_10175576.jpg


広縁、縁側。
そこに身を置いたときの気持ち良さは
日本人なら誰もが知っている事でしょう。

ところが実際は現代の生活とかみ合わず、
荷物置き場になってしまったりと、
上手く使いこなせないケースが多いです。

そこでリフォームの際は本来の縁側が持っている居心地の良さ、
使えるスペースとして活用してもらう為に、
積極的に色々な仕掛けをします。

今回特に良かったのは掃き出し窓をやめて肘掛け窓にした事。
クライアントのアイデアです。
これにより以前より居心地の良い上質な縁側に生まれ変わりました。

肘掛け窓の方が居心地が良くなる訳、ここに至るまで物語、
その他様々な工夫についてはまた別の機会に。

一戸建て住宅のリフォーム、陽廻りの家。
by boro9239 | 2014-09-11 10:31 | works | Comments(0)

通気胴縁

c0004024_1158695.jpg


これ何だか分かります?
住宅関係者にはおなじみ、
外壁の下地、通気層に打つ通気胴縁です。

外壁の仕上げ材をヨコに張る場合は
釘等を打つ為に下地材の通気胴縁をタテに打つので、
壁内の通気を上下に通しやすいですが、

外壁の仕上げ材をタテに張る場合は、
下地材の通気胴縁をヨコに張らなければならず、
そうなると壁内の通気を上下に通すのが難しくなります。
ですのでその場合、昔は施工に工夫が必要で少々やっかいでした。

しかしこれを使えば胴縁をヨコに打っても、
所々えぐられた穴が上下の通気を確保してくれる、というとても便利な部材です。
by boro9239 | 2014-09-11 10:10 | ヒビシゴト | Comments(0)

キッチンと図書コーナー/陽廻りの家

c0004024_94117100.jpg


キッチンと図書コーナー。
一戸建て住宅のリフォーム、陽廻りの家。
by boro9239 | 2014-09-08 09:41 | キッチン | Comments(0)