K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

美しい国の、灯り

c0004024_9541848.jpg

ある総理大臣が就任の際「美しい国」をスローガンに掲げていました。
あまりに民意からかけ離れたそのスローガンに、これは本気でやばいと思う反面、
ほんの少し期待感もありました。
しかしその後この総理大臣の白熱球をやめて蛍光灯へ、のキャンペーンの先頭に立つ姿を見て、
この方の目指す「美しい国」ってなんなんだろう?とがっかりさせられた記憶があります。

エコも大事ですが、灯りはそれだけで語ってはいけない気がします。
蛍光灯を否定はしませんが、残念ながらこの美しさを醸し出す事は出来ません。
by boro9239 | 2010-03-25 09:54 | ヒビシゴト | Comments(2)

蝶になれ 華になれ 何かが君を待ってる

c0004024_1105820.jpg

先日は息子の卒園式。
昨日入園したと思ったら今日もう卒園式。
そんな感覚です。
子供はどう感じているか定かではありませんが、
あっという間。ほんとうにあっという間です。
親の方がメソメソしてました(笑)。

自分と同じ男の子だからなのか、彼と過ごしていると
昔の事を思い返す機会が多くなりました。
デジャヴも頻繁に体験します。子供は記憶を刺激するようです。
特に幼少時の記憶は曖昧なので、尚更かもしれません。
自分の卒園式の時どうだったのかほとんど記憶に無いですが、
息子を眺めていると、当時の記憶がほんの少し鮮明になります。
今その場にいる自分自身の気持ち、そしてかつての自分自身、その時の親、
息子の気持ちを想像していると、なんだか不思議な感覚になります。
遺伝子の二重螺旋構造みたいに繋がってるようなフワフワしているような複層的な感情。
あの形って感情そのものではなかろうか?な〜んてことまで考えてみたりして。

まあ要するに、素敵な一日だったという訳です。
卒園おめでとう。
by boro9239 | 2010-03-23 01:09 | オヤバカ | Comments(2)

トイレのマーク

c0004024_927572.jpg

子供にとってはトイレのマークは絵(インスタレーション?)の題材になるらしい。
それとも親の職業の影響か?
5歳になる頃の作品。
by boro9239 | 2010-03-10 09:28 | オヤバカ | Comments(6)

柔らかい境界

c0004024_1983176.jpg

飾り棚は視線を完全にカットせず、
気配が見え隠れするように空間を柔らかく間仕切ります。
奥の廊下から見るとアイストップにもなります。
西瑞江の家。
by boro9239 | 2010-03-08 19:08 | works | Comments(0)

スキー

c0004024_12392076.jpg

この前、数年ぶりにスキーに行きました。
それでスキー場に着いてから気がついたのですが・・・
なんとそこは私が生まれて初めて行ったスキー場でした。
ちょうど息子と同じぐらいの歳。
彼にとってもこれが初めてのスキー。
親子揃って同じスキー場デビューというのもなかなか感慨深いもの。
スキー場はあまり変わっていない印象。
自分の記憶力もまだまだ捨てたものではないようです。
雪質はすごくよかったのですが、人の少なさには驚いた。
by boro9239 | 2010-03-05 18:31 | オヤバカ | Comments(0)

新しい携帯

c0004024_9153954.jpg

子供の頃、2面ふで箱というのが流行り一世風靡しましたが、
その後3面、4面、5面と増えて行き、
もはやふで箱とは呼べないような、なんだかわけがわからないモノまで登場しましたが、
携帯の世界もそんな感じがします。

この前新しい携帯を買い換えました。
機能が少ないタイプとのことですが、全く問題無し。
というか、もっとシンプルでもいいのですけどね。
by boro9239 | 2010-03-03 09:30 | ヒビアレコレ | Comments(4)

築10年

c0004024_1561828.jpg

以前勤めていた事務所で担当した住宅を訪問する機会がありました。
木の良さ、自然素材の良さを活かした住宅です。
2年程前、外部を全面的に塗り直したばかりとあってきれいです。
外壁は一部横羽目板張ですが状態は悪くないです。
木製ドアはご自分で塗られたとの事ですが、経年変化が美しくいい味が出ています。
大切に住まわれている事が伝わって来ます。
自然素材とつきあっていくにはそれなりの苦労もありますが、得るものも多いです。
築10年。
by boro9239 | 2010-03-01 15:09 | ヒビシゴト | Comments(0)