K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

模型づくり

c0004024_1627406.jpg

片付けまで含め製作は4時間ぐらい。
初期の段階で必要な模型は、全体のイメージが把握出来れば良いので
これで十分です。

OMらしい、シンプルな家になりそうです。
by boro9239 | 2007-05-31 16:27 | ヒビシゴト | Comments(4)

WINNER

優しい匂いの石鹸・・・

たどたどしいギターの音色から始まり、
乾いたリズムを刻むようなギターがかぶさって音が動き出す感じが良い。

自分のやってきたことが間違いじゃなかったと思えた、
長い一日が終わる。

WINNER/吉井和哉
by boro9239 | 2007-05-28 22:20 | オンガクケイ | Comments(0)

エゴイスト

c0004024_14594176.jpg

桜の後に、エゴの花吹雪。
雑木林とはまさに良く言ったもの。
白く小さな花びらは可憐で、桜吹雪とはひと味違いこれもなかなか。

ところでエゴの花びらは何枚でしょう?
by boro9239 | 2007-05-27 14:59 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(2)

フレッシュネスバーガー1号店

c0004024_1724187.jpg


・・・あったあった。
まだ残っているのかちょっと心配だったけど、あった。
リフォームの現場の帰り、近場なので急に寄ってみたくなった。

肩の力が抜けたたたずまい、こじんまりとしていながらも、
どこか開放的で居心地よい空間。

始めてこの店に行ったのは今から10年ぐらい前。
その日は今日以上に暑い日だった。昼ビールが最高でした。
本日は生絞りオレンジを注文。美味。
この店がフレッシュネスバーガーで、
しかも1号店という事を知ったのは随分後のこと。

いつも心の片隅にある建築のひとつ。
by boro9239 | 2007-05-23 17:02 | カフェ | Comments(2)

イチゴ対決

c0004024_10574328.jpg

こっちは食べられます。
庭のイチゴが採れました。

味はと言えば・・・
全部子供の胃袋に入ってしまったので不明。
by boro9239 | 2007-05-22 12:40 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(8)

雑木林からのおすそわけ

c0004024_15355557.jpg

雑木林からのおすそわけ。
自然の色ってすごいですね。
なかなか美味しそうです。



・・・でも食べてはなりません。
だってこれはへびいちご。
by boro9239 | 2007-05-21 19:11 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(6)

窓辺/ミエカクレスル家

c0004024_10515835.jpg

お茶でも飲みながら一日中ぼんやりできるような、
そんな窓辺が出来ればと思いました。

板塀をたてて、好きなプランターボックスでも吊るせば、
建物の裏側の景色であっても、眺めの良い窓辺が生まれます。

板塀はお隣さんとのプライバシーを柔らかく確保するための仕掛けでもあります。

More
by boro9239 | 2007-05-20 09:54 | works | Comments(0)

立てば芍薬

c0004024_11314740.jpg

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

なるほど、品があって「美人」ですね。
花開いた姿はもちろんですが、
開く直前の丸みを帯びた姿もなかなか。

大谷芍薬園からいらっしゃいました。
by boro9239 | 2007-05-15 11:32 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(2)

100s、中村一義の「OZ」/今更ながら

OZ
100s







「たったの4500円。」
昔日産の、そんなCMがあったのを覚えてます?
そこに登場していたのは中村一義。
BGMも中村一義の「君ノ声」。

当時すでに天才の呼び声高いアーティストでしたが、
お茶の間にブレイクしていたとは思えないので、
このCMの担当者はよっぽど中村一義の事が好きだったのではないでしょうか。

そしてこれも勝手な憶測ですが、当時どうも周辺は
第二のオザケンを彼に求めていたのではないでしょうか?
その類い希なるポップセンスを思えば分からなくもないですが、
オザケンのそれとは全く異質なもので、
何より中村一義の音はポップスではなくロックですよね。
オザケン嫌いじゃないですけど。

実際彼の醸し出す世界観、詩はどちらかといえば難解で、シリアス。
けれど生まれいずる曲は誤解を恐れずに言えば
どこか、というか爽快にポップなロック。
そこが彼の魅力ではないかと思います。

きっとそれは彼の生まれ育った江戸川区、その中心にある江戸川という環境が、
大きく左右しているのではないかと思います。
どんなシリアスな状況でも、江戸川が生み出す開放的でのどかな景色は、
きっと彼の心を、音楽をポップなものにしているのではないかと思います。

ここ数年、縁あって江戸川区界隈の仕事が多いのですが、
喧噪とした繁華街、生活感のある下町、のどかな田園風景、土手、
この街のどこを歩いても、彼、彼らの音楽が聞こえてくるんですよね。

OZ(オズ)は中村一義がソロ活動の後、結成した
100S(ひゃくしき)というバンドの(一応)ファーストアルバム。

相変わらず難解でシリアスな面を持ちながらも、
これまで以上に壮大で宇宙的、かつ爽快でポップ。
そしてバンドの幸福感が伝わるロックなすごく良いアルバムです。
100S(ひゃくしき)というバンド名もまたガンダム世代の心をくすぐります。

もう2年以上前に世に出たアルバムですが、最近ようやく入手、
今更ながら聞きまくってます。
まあもうじき5/16に2ndアルバム「ALL!!!!!!」も出るので
ちょうど良いタイミングですね。こちらも楽しみです。

100Sの生み出す音は、5月の青空がよく似合う。
by boro9239 | 2007-05-13 20:24 | オンガクケイ | Comments(0)

森のフォース

c0004024_7252994.jpg

森で人に会うと、どちらともなく挨拶をかわす。
例え知らない人であっても実に自然に。
アトリエの目の前にある小さな森の力。
by boro9239 | 2007-05-10 07:25 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(8)