K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

南新宿工事現場

c0004024_11524869.jpg

新宿南口駅前工事の仮囲はいつも面白い。
by boro9239 | 2006-10-31 11:54 | マチアルキ・旅・建築見聞録 | Comments(0)

に・ほ・ん・ご・で・あ・そ・ぼ・・・にほんごであそぼう!

c0004024_1156194.jpg


子供は時々面白い事をする。
by boro9239 | 2006-10-30 02:14 | オヤバカ | Comments(7)

三茶の名所

c0004024_2738.jpg


右から読んでください。
よくよく見るとなかなかかっこいい建物です。
by boro9239 | 2006-10-27 02:12 | 世田谷線の車窓から | Comments(2)

あけびの食べ方ってしてます?

c0004024_943899.jpg

色良し、形良し、味良し。
ちょっとキモカワイイ中身もまた良し。

それはあけび。

嫁の実家には手作りあけび棚がある。
基礎もしっかり手作りというのも恐れ入る。
あけびの蔦が成長する事で全体の強度が安定する、というのもまた面白い。
by boro9239 | 2006-10-24 09:13 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(8)

双子のカーネルサンダー

c0004024_10357100.jpg

      ん?


c0004024_10352798.jpg

     ん・・・・?!
by boro9239 | 2006-10-19 10:35 | マチアルキ・旅・建築見聞録 | Comments(8)

謎の素材

c0004024_9155385.jpg

これってなんなのでしょうか?

今度の引越先の内壁のほとんどはこの砂壁もどき(?)。
今でもフツウに見る事が出来る壁ですが、
自分がこの道に入ってからは一度もあつかったことがないですし、
新築では使われているのを見た事がありません。

見た目も今ひとつで訳の分からない素材が使用されているのに
何故こんなに広く一般的に使われていたのか?
だいたいあのキラキラ光った紙くずもようなものはなんなのか?
考えれば考えるほど謎です。

今でも世の中では新しいモノが生まれては消えていきます。
それにふりまわされずに生きていくのは簡単なようで結構難しいものです。
ブログだって・・・ねえ・・・(笑)

せめて自分が扱う素材ぐらいは何なのか知っておかなければならないですね。
by boro9239 | 2006-10-18 09:43 | 私ん家 | Comments(6)

まずはネジものから

c0004024_1152387.jpg


「邪魔者を消せ。」

家の中には数多くの邪魔者が潜んでいる。
その代表例がネジやら釘やらフックやらL型アングルやら。
やつらを取り除くだけで空間はとてもすっきりします。
ま、ついつい自分でもくっつけてますけどね(笑)。

休みの日は、時間の許す限り、引っ越し先に手を入れに行きます。
まずは片付け、整理から。
しかしこの邪魔者を取り除くのはけっこう根気のいる作業で
丸一日が費やされてしまった。
by boro9239 | 2006-10-17 11:51 | D・I・Y | Comments(4)

西篠崎Oさんの家・建方

c0004024_9451278.jpg

戦い終わって日が暮れて・・・

先日は西篠崎Oさんの家の建方。
午前中は別件の打ち合わせ、その後現場に行けば工事に間に合うかと思ったら、
到着した4時前には軸組はもちろん、既に屋根、壁パネル、2F床下地まで
全て終わっていました。小さい家とはいえ驚異的な早さ。
職人さんたちも余裕の表情でした。

三代目が心血注いだシステム工法は更に進化していました。
さて、詳細図描かなきゃ・・・
by boro9239 | 2006-10-11 09:44 | ヒビシゴト | Comments(2)

吹抜け/ミエカクレスル「M」

c0004024_095363.jpg

mさんの家にはおおきな吹抜けがある。
家の中心になる空間なので、やはり設計にも力が入る。

いったりきたり、
何度もエスキースを重ね、
意見を重ね合わせながら、
ぼんやりしていたその輪郭がようやくはっきり浮かび上がってきた。

設計企画/施工:田中工務店
by boro9239 | 2006-10-07 23:50 | works | Comments(0)

現場検討会/モクサン「S」

c0004024_1616316.jpg

先週葛飾の家にて、田中工務店スタッフ、大工さん全員が集まる
現場検討会に参加。

単に集まってああだこうだといったお披露目会のような会合ではなく、
現場関係者が一堂に会して真剣に意見交換する場なので
設計する身としては緊張感がありつつも直接現場の声を聞く事が出来るので
それはとても濃密で貴重な時間でした。

小さいながら様々な工夫、苦労の詰まったこの住宅から学んだことは多く、
すでに次の仕事ではそれがだいぶ生かされているのではないかと思っています。

それにしても明日は別件の建前というのにあいにくの雨模様。
「の」現場監督より祈祷の依頼ありましたので・・・

雨よ、どうかやんでください!
by boro9239 | 2006-10-05 16:22 | works | Comments(0)