K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

最後の彼岸花

c0004024_72662.jpg


彼岸花。

不思議と毎年お彼岸の頃に咲き、
どこか浮世離れして人を寄せ付けない高貴さがいい。

今年は赤と白が融合した神秘的な彼岸花が咲いている。
恐らくこの庭の彼岸花を眺めるのも今年で最後。
by boro9239 | 2006-09-27 07:02 | アトリエの風景 | Comments(9)

葛飾の家見学会/モクサン「S」

c0004024_7292174.jpg

ふと見上げると、こぼれ落ちる青空・・・

23,24日、葛飾の家の見学会が行われました。
by boro9239 | 2006-09-25 07:29 | works | Comments(6)

睡蓮

c0004024_2121339.jpg


義父ご自慢の睡蓮。
モネの睡蓮の間よりきれいだと思った。
by boro9239 | 2006-09-21 21:21 | ハナトカミドリ・ミチクサ・自然 | Comments(6)

夏は過ぎたが

c0004024_12235395.jpg

外では祭り囃子が鳴り響いている。

世田谷区はこの季節も、お祭りが意外に多い。
しかも夏より本格的。きっと収穫祭の名残りだと思う。
世田谷らしい。

ご近所は神社仏閣が多く、また、もともと世田谷のへそということもあり
祭りやらフェスティバルやらがやたらと多く飽きない
いい街です。
by boro9239 | 2006-09-17 12:23 | 世田谷線の車窓から | Comments(6)

模型は物語る/葛飾の家(モクサン「S」)

c0004024_1752851.jpg

手前は最終形、
奥はもっと初期の模型。

ねんどをこねるように徐々に徐々にその姿を変貌させていく外観。
細田の家は、早い段階からプランはほとんど変わっていないのに、
外形がなかなかきまりませんでした。
厳しい斜線制限のため3階部分のボリュームの確保が難しかったからです。

天空率の採用によりその3階のあつかいが劇的に有効になったものの、
また徐々に徐々に調整。
三代目の要求も今回ばかりは妥協を許さないハードなものでした。(笑)

模型の変化は厳しい法規との格闘の痕跡でもあります。

この家の見学会を開催します。
by boro9239 | 2006-09-16 10:41 | works | Comments(4)

naice time cafe/シンクロ現象

c0004024_1415410.jpg


前回の記事の続き。

全ては偶然の一致、シンクロニシティ。
自分と同じくたまたま須藤元気好きだったご近所友達の漆工房 牧門堂さん
ここでシンクロひとつ。

先日たまたま下高井戸にて須藤元気の「風の谷のあの人と結婚する方法」を入手。
そしてそれを見ながらゆっくりランチでもと思い、
以前から気になっていたnaice time cafeにたまたま行ってみる。

そうしたら・・・
by boro9239 | 2006-09-15 10:34 | ノミクイ | Comments(7)

風の谷のあの人と結婚する方法

風の谷のあの人と結婚する方法
須藤 元気 森沢 明夫 / ベースボール・マガジン社





もうこのタイトルだけでひっぱられます。

格闘技家としての須藤 元気の活躍ぶりはほとんど知らないものの、
物書きとしての彼にはかなり注目しています。「幸福論」に続いて入手。
エッセイが余り好きでない私でもぐいぐい引き寄せられる
不思議な魅力のある文章です。

その中でシンクロと言う言葉が何度か出てきます。
この本を象徴するようなキーワードです。

シンクロニシティ、偶然の一致。

この本、ご近所友達の漆工房 牧門堂製作日記さんのブログで知りました。
実は彼女も須藤好き、類は友を呼ぶと言いますが、
そこでくるか!といった感じです(笑)。
まさに偶然の一致。ここでシンクロ一つ。

しかしここから更なるシンクロ現象が・・・
次回に続く。
by boro9239 | 2006-09-14 14:24 | ブンカケイ | Comments(2)

木造3階建・都市型住宅の新しいスタンダード/モクサン「S」

都市部であれば、どこにでも見られるようになった木造三階建て住宅。
しかし残念ながらこのタイプの住宅は都市の景観の悪化に
更に拍車をかけてしまっているように思われます。
その理由の一つとして木造3階建てのようなタテ型住宅とはどうあるべきか、
作り手側がこれまであまり真剣に議論してこなかったからではないでしょうか。
これは設計に携わる者としては反省しなければならないと思っています。
その存在の是非を越え、今や木造3階建住宅は都市型住宅のスタンダードなのですから。

葛飾の家は狭小敷地に建つ木造三階建て住宅。
タテ型住宅に真正面から取り組んだ住宅です。
奇をてらわず、シンプルでオーソドックス、
どこにでもあるような、しかし恐らくどこにもない
木造三階建て住宅になったのではないかと思います。

正直なところ、最初はどうなるかとか思っていたのですが、
よくぞここまで!(笑)と感慨もひとしおです。



c0004024_107384.jpg

この家の見学会を開催します。
●「東京町家」葛飾 細田の家 完成見学会のお知らせ
( ※予約制です。お問い合わせは株式会社田中工務店 まで。)
日時:9月23日(祝)、24日(日) 10:00~16:00
場所:葛飾区細田 JR小岩駅北口より徒歩15分
設計施工   株式会社田中工務店
設計協力   K+Yアトリエ
敷地面積  57.25㎡(17.3坪)
建築面積  28.35㎡( 8.5坪)
延べ床面積 85.05㎡(25.5坪)
建蔽率    50%
容積率   150%
高度地区  5m+1:1.25

狭小変形敷地で法規的にも厳しい条件にある準耐火構造の木造3階の住宅です。
斜線規制が厳しく、高さを確保する為に天空率を利用しています。
狭小地で家作りをご検討の方は是非ご覧ください。

・準耐火構造での大梁あらわし(燃え代設計)
・さわら無垢板貼りのハーフユニットバス浴室
・太陽電池を使った自立型OMソーラー
・1枚板で仕切った広い階段室
・準防火地域に対応した不燃木材を外部に使用
・高断熱、防音、吸放湿、火事にも強い、セルロースファイバー断熱材

天空率…上空占有率的な要素を特殊計算をする事で
      道路斜線など法令上の高さを緩和できる法律。

c0004024_10512761.jpg







                                                                              (「の」作)
by boro9239 | 2006-09-08 10:07 | works | Comments(7)

Mさんの家建前/ミエカクレスル「M」

昨日はMさんの家の建前。しかしあいにくの空模様。
昼過ぎまでは時折小雨がぽつぽつ振る程度で、工事は順調に進行中との事でしたが
しかし最近自分は若干雨男。工事現場に着いた途端に大雨、
なんて事にはならないだろうかと、びくびくしていましたが・・・大丈夫でした。
しかも工事がほぼ終わった頃に雨が本降り。絶妙のタイミングでした。
もちろん段取りが良かったこともありますが、
これも紀子様ご出産のご利益かもしれませんね。

田中工務店さんは、屋根のパネル化を導入しているので、
建前の日に屋根の下地、防水まで完了します。
屋根がかかっているので、雨露しのぎ駆体もほとんど濡らさずに済みます。
雨宿りもできます。
こんな日はその恩恵を最大限に受けることが出来ますね。

皆さんお疲れ様でした。

c0004024_1015025.jpg

by boro9239 | 2006-09-07 09:56 | works | Comments(0)

再び始動

しばらく取りやめにする予定だった引っ越計画。
しかし諸々の理由で、再び現実味を帯びてきました。
「私ん家?」へ向けての布石でもあるのですが果たしてどうなるか。

ひとまず引っ越し先はこんな家・・・
c0004024_14562951.jpg







が、廻りにまだ残っている場所となりそうです。
by boro9239 | 2006-09-04 14:56 | 私ん家 | Comments(10)