K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

僕にもプレゼントがやってきた!

c0004024_222135.jpg


きたきた!ちょっと遅れたクリスマスプレゼント!

まずは、YOSHII LOVINSON(来年から吉井和哉に戻る)ファンクラブから
入会特典のマウスパットと会員証。
まあこれは嫁の方に吸い取られてしまうのだが。

それから夕方、今度はゴディバのチョコが届きました!
ありがとう、Mさん。ごっつぁんです。
実は食べるの初めてなんですよね。

年末年始の楽しみにします。
by boro9239 | 2005-12-29 00:21 | ヒビアレコレ | Comments(8)

今日の一枚

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド




いわずとしれたビートルズのアルバム。
実はオリジナルは一度も聴いた事はほとんど無かったんですよね。

この作品は、のちのコンセプトアルバム、トータルアルバムの先駆けとなった、
音楽界の記念碑的作品。
もっともビートルズのアルバムはどれも記念碑的作品でしょうけど。

架空のバンド、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドが
ライブをおこなっているという構成で、
最後の曲はアンコールというところも凝っている。
後期独特のくせのあるサウンドですが、
本当にライブを聴いているような、なんだか楽しいアルバム。

ジャケットも凝っていて、中心に写っているのは
この架空のバンド(ビートルズのメンバーによる仮装)、
その周辺に様々な有名人等がコラージュされているのですが、
ビートルズの蝋人形、福助なんかもいて、
アイロニーでありながらとても楽しい。

しょっちゅう耳にするおなじみの曲、
Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band、
Lucy In The sky with Diamonds、
A Day In The Life
なども、アルバムでは全く別もののように聞こえてくる。

それにしても、建築の世界にビートルズが居なくて本当に良かったと思います。
あまりに存在が大きすぎますからね。
by boro9239 | 2005-12-28 01:31 | オンガクケイ | Comments(0)

全ては、みこころのままに。全ては、あの“なすがまま”に・・・。

c0004024_0314487.jpg

ムーミンサンタというよりはジャミロクワイ(ボーカルの名はなんだっけ?)・・・

さて、今年のクリスマス、朝起きると息子の靴下の中にプレゼントが入っていた。
分かっているのか、いないのか、良く分かりませんが、
なんだか彼もうれしそうなご様子。

これはくせになります。
有効期限まで、サンタはしばらくやめらません・・・。

k+yアトリエ年末年始のお休み:2005/12/29〜2006/01/06。
by boro9239 | 2005-12-28 00:31 | オヤバカ | Comments(8)

紡ぎさん見学会

c0004024_12554260.jpg

近所で紡ぎさんの設計された住宅の見学会があったので遊びに行ってきました。

建築を見るときの楽しみのひとつは、
この仕事はいったい何を時代から読み込んでいるのだろうか?
という匂いを嗅ぎ取ること。

本人が意識するしないにかかわらず、建築の種類にかかわらず、
どんな仕事にもそういった空気は存在するもの。
特に同世代の方の仕事からは敏感に感じ取ることが出来る。

今回も自分なりに吸い込んできました。
それにしても最近見た住宅の中でもかなり凝っている仕事だったなあ。
紡ぎさんありがとうございました。
by boro9239 | 2005-12-26 12:55 | ケンチク見聞録 | Comments(2)

音難の相あり

c0004024_513479.jpg

嫁は音難の相がある。
彼女と一緒になってからというもの、騒音に悩まされる事が幾度かあった。
これは本気でお祓いをしたほうが良いかもしれない。
事態は笑えないほど深刻なのである。

生活空間が一階というのも都市部では特に注意が必要かもしれない。
注意したところでどうにもならないことは多いが。

今、隣りのアパートのエアコンの室外機の音がうるさくって眠れない。
機械で作業しているようなかなりひどい大きさである。
この真夜中の寒い中、外に出て確認すると、
どうも故障気味か、設置不良で架台の振動のよう。

室外機の設置位置は要注意だ。
近隣への配慮をまず何より優先にしないといけない事を身をもって体感中。
へたをすれば自分だって加害者になる訳ですし。

しかしこういった場合、一体誰に陳情すれば良いのだろう?
自分のところの大家さん?不動産屋?
となりのアパート関係の人?(誰の部屋かは特定できていない)
意外に難しいものだ。

いずれにせよこれから毎日のように続くのか?
なんとかせねば・・・。
by boro9239 | 2005-12-24 04:56 | ヒビアレコレ | Comments(11)

チョコっぽい?

c0004024_22453278.jpg

もうすぐ完成予定、新橋の歯医者の現場に行く。
友人のサポートのおかげで、こちらの作業はある程度終わっっていたので
気持ちにも少し余裕あり。もっとも現場の方はまだまだ大変そうですが。

ビルの一階部分がリノベーションされているのでそれに呼応して
ガラス張り+木製ブラインドの落ち着いたデザインになっています。
なかなかきれいなファザードになりそうです。

「歯医者の割にはチョコっぽくないか?」なんて突っ込まないでください。

企画・施工:高政工務店
by boro9239 | 2005-12-22 22:45 | ヒビシゴト | Comments(8)

足立区Nさんの家・撮影/ユックリ町家「N」

c0004024_1054749.jpg

見学会の翌日、プロの方の撮影に立ち会う。
この日もおかげさまで快晴。
テキパキとこなす様が心地よい。
ちょっと失礼して後ろからパシャ。

光待ち、の間の話がまた楽しい。
カメラマンは我々以上に色々な建築を見てますからね。

それにしてもプロのカメラはすごい。
手入れを続ければ半永久的にもつらしい。
その木製とチタンの造形はあまりに美しい。

来月の世田谷ボロ市の獲物はカメラにするか・・・。
by boro9239 | 2005-12-21 00:42 | works | Comments(2)

ひとまず見学会ご報告/ユックリ町家「N」

c0004024_11242018.jpg

12/17,18に田中工務店との住宅プロジェクト、
足立区Nさんの家の見学会が無事終了しました。
初日はややゆったりな客足、二日目はかなりにぎわっていました。

両日とも今年一番の寒い日でしたが天気は快晴。
こんな日はOMソーラーシステムを体感するにはうってつけの日。
家中どこにいてもスリッパいらず、その暖かさに皆さんとても驚かれていました。
風邪をひいていた身としても大変有り難かったです(笑)。

寒い中わざわざお越し頂きありがとうございました。
by boro9239 | 2005-12-20 11:24 | works | Comments(6)

今年もあれがやってきた

この季節、朝目が覚めて外を見ると一夜にして一面の銀世界、
なんてこともあります。

しかし、我が家の目の前にある商店街の場合、
いつもは閑散としていますが、
この季節、朝目が覚めると一夜にして・・・
c0004024_12204660.jpg

                   ↓
c0004024_1223477.jpg


今年もやってきました、恒例の世田谷ボロ市。
今年は明日まで、来年は1/15,16が開催日。
ちなみにうちの子は明日が誕生日のボロ市生まれ。


「ゆったり町家」
足立区Nさんの家オープンハウスのご案内。

・日   時   12月17日(土)、18日(日) 10:00~16:00
・場   所   足立区内
・設計監修/施工::田中工務店
※見学をご希望の方はご連絡ください。

 K+Yアトリエ
 〒154-0017
 東京都世田谷区世田谷1ー16ー21
 tel/fax  03ー3706ー7448
 ky.kuni@f7.dion.ne.jp
by boro9239 | 2005-12-15 12:21 | 世田谷ボロ市 | Comments(10)

カタチのイトをたぐり寄せると・・・/ユックリ町家「N」

c0004024_20564166.jpg

カタチには理由(ワケ)があります。

どうしてこんなカタチになったのか?
それは見に来て頂ければすぐわかります。

ただし、簡単にはわからないイト(意図)も
幾重に編み込んでいます。

カタチのイトをたぐり寄せてみると、
何か別のものが見えてくるかも知れません。
とはいえ、時々そのイトがからまってしまうこともありますが・・・。

やまぼうしも植えられて、表情がとても軟らかくなりました。



「ゆったり町家」
足立区Nさんの家オープンハウスのご案内。

・日   時   12月17日(土)、18日(日) 10:00~16:00
・場   所   足立区内
・設計監修/施工:田中工務店
※見学をご希望の方はご連絡ください。

 K+Yアトリエ
 〒154-0017
 東京都世田谷区世田谷1ー16ー21
 tel/fax  03ー3706ー7448
 ky.kuni@f7.dion.ne.jp
by boro9239 | 2005-12-14 00:20 | works | Comments(8)