K+Y アトリエ一級建築士事務所

<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

忍ばず池のバラック建築

c0004024_1012247.jpg

上野公園の忍ばず池。
ここにくると想像以上に幻想的な蓮の風景にいつも驚かさせられる。
上野公園はどちらかといえば桜よりこっちの方が好きです。

c0004024_1014968.jpg

池のほとりにある、バラックな茶屋。
なんてことのない建物だが、どこかモダンでプロポーションの良いたたずまいに、
いつも何となく惹かれてしまう建物である。
by boro9239 | 2005-10-31 10:13 | マチアルキ・旅・建築見聞録 | Comments(2)

「吉井和哉」当選のご案内






恥ずかしながら齢35才にして、人生初のファンクラブ入会。
お目当ては吉井和哉。昨年解散したTHE YELLOW MONKEYのボーカルだった人物。
彼のファンクラブである。

設計なんぞの仕事に従事している人種というのは、
しょせん自分大好き人間(そうですよね?)なので、
誰かのファンになることはほとんどないが、吉井さんは例外である。
男が惚れる男なのである。

現在訳あってYOSHII LOVINSONという名でソロ活動しているが、
ついに吉井和哉の名に戻り、来年ツアーが行われる事となった。

さっそくそのツアーの会員優先チケットの抽選に応募、
そして一応当選の報告メールが来たのだが・・・

『「吉井和哉」当選のご案内』

となっている。
「これ本当かなあ?」と疑いたくなるような、ちょっといかがわしい件名。
ましてや本人が宅配されるわけではあるまいし。
まあ嘘ではないようなので文句はないけれど・・・

この前も日頃メールのやりとりをしていない方にメールを送ったら
削除されてしまった。(笑)
自分が送った件名を確認してみると

「こちらから声をかけながら申し訳ございません・・・」

となっている。
普通に書いたつもりだったが、確かにこれは迷惑メールにありそうな文言。
メールタイトルは意外に難しい。
by boro9239 | 2005-10-28 10:56 | オンガクケイ | Comments(8)

街の風景

c0004024_959369.jpg

無限の色を散りばめた 街の風景
・・・と歌ったのは尾崎豊。

先日とある場所で開業予定の歯医者さんの現場調査に行く。
足下廻りをきれいにリノベーションしたビルの1F部分。
取り壊さずに大事に使っていこうという姿勢に好感が持てる。
こういう場所で仕事に関われるのはちょっとうれしい。

しかしその向こう側にはとても奇妙な町並みが・・・
様々な〜風をパッチワークしたようなファザード。
そこは都内屈指の大規模開発の一区画。

その街からいったいどんなメッセージを発信しようというのだろう?
いい歌が生まれるような気配は感じられないのだが・・・
by boro9239 | 2005-10-27 10:45 | ヒビシゴト | Comments(0)

夏の忘れ物

c0004024_17303623.jpg

我が家の庭に鉢植えされているジャカランタ。
そのなかに風船かずらのふうせんがひとつ、引っかかってました。
by boro9239 | 2005-10-26 17:32 | アトリエの風景 | Comments(2)

ぎょうざのぎょうれつ

c0004024_13271220.jpg

焼き上がる前の餃子たち。

先日の我が家の夕食は手作り餃子。
我が家は大食漢という程ではないが、小食でも無い。
それなので、この程度の分量なら一晩で
家族三人の胃袋に収まってしまうのである。

美味しゅうございました。
ご馳走様。
by boro9239 | 2005-10-25 13:27 | ノミクイ | Comments(13)

オープン価格の謎

インターネットで家電の某有名メーカーのIHクッキングヒータを調べた後に
同じメーカーのエアコンのページに飛んだ。
そこには一部のぞいて、それぞれ価格が表示されている。

ところが・・・
全く同じメーカーでもう一度、今度はトップページからエアコンのページに
飛んでみると表示がほとんど全てオープン価格!!?
何故?なにか深い意味があるのでしょうか・・・
by boro9239 | 2005-10-24 14:02 | ヒビシゴト | Comments(2)

見えない部分の積み重ね/ユックリ町家「N」

先週足立区Nさんの家の現場に行ってきました。
田中さんのブログでも話題になった断熱材の様子も確認。
その補足として。
ここではグラスウールを使用しているが、
現場ではそれだけでは埋めることができない小さな隙間が
どうしても発生してしまう。
そんな隙間には発泡ウレタンを充填して対応する。
例えば窓廻り。

c0004024_22395919.jpg

左の写真は窓のアルミサッシ枠と柱の隙間に発泡ウレタンを充填。
さらに仕上げとして部屋の内部に見えてくる木枠が
アルミサッシ枠の手前に取り付けられる訳だが、
その枠の木下地と柱の間に出来る隙間にも充填されているのが右の写真。
つまり念を押して2段階充填されるわけである。
最終的には仕上げで隠れてしまう部分だが、見えない部分の積み重ねが、
その住宅の善し悪しを大きく左右するのである。


c0004024_22531656.jpg

現場では↑こんなことも行われる。
こちらの住宅では外部機関による様々な検査が必要となる。
その報告のため、現場監督の方が床下に潜ってその状況をパシャ!
としている所です。お疲れ様でした。
by boro9239 | 2005-10-21 22:01 | works | Comments(6)

原風景

実家の風呂が壊れてしまったので、改修工事の手配をし先週その現場に立ち会った。
この忙しい時に・・・などと思いながらも、これも親孝行プレイの一環(笑)、
緊急事態でもあるので仕方ない。

実家は小さな年季の入った、いわゆる階段室型の団地の5階。
地下鉄の駅を降りてそこまではゆうに10階ぐらいの高さがある。
エレベーターなど無い。
だから団地の階段の下までくるともうぐったり。
それなのに、この階段の前に来ると何故か走って駆け上がりたくなるのである。

そしてやはりこの日も走って駆け上がるのだった。
c0004024_01856100.jpg

by boro9239 | 2005-10-21 00:17 | 私ん家 | Comments(6)

脱いでもすごいんです

c0004024_22421850.jpg

脱いでも美しい。
その影も美しい。
イサムノグチの「あかり」。

「あまりにも完成されすぎているので、うちで出しているこのタイプの商品は、
明らかに違うと分かるようなデザインにしています。」
以前、照明の某有名メーカーの方が苦笑いしておっしゃっていたのが印象的。

「あかり」は和風でない、とおっしゃっていた建築家の方もいた。
え?とも思うし、ああ、それも面白い解釈だなあとも思う。

イサムノグチの「あかり」は光の彫刻。
こんな美しい彫刻が比較的安価で手にはいるのもまた魅力的(笑)。
骨組みも実に良くできていてる。

ただし唯一の弱点は子供。当然幼心も魅了する訳だがその結末は・・・

我が家の「あかり」はカバーの和紙が子供に破壊されたまま。
はやく直さなければ。
by boro9239 | 2005-10-18 19:42 | アトリエの風景 | Comments(4)

あなたはどんな家に住みたいですか?

c0004024_16222535.jpg


「あなたはどんな家に住みたいですか?」
こう聞かれると、正直なところ答えに窮してしまう。

住宅設計とは、「自分ならこう住みますよ」という提案をする事でもあるので、
仕事の中にその思いを込めているともいえるし、
名作と呼ばれる住宅から、自分の理想の住宅を見い出すことも有るだろう。

しかし、いずれにせよそれは自分の家ではないし、
必ずしも理想の家=住みたい家という訳ではない。

他人の家については今まで真剣に考えてきたが
実は自分の家については、そこまで真剣に考えたことがないかもしれない。
しかし歳も歳、そろそろ決断の時期がきているようです。
あ!地震・・・
この記事を書いているときに地震がきました。最近多いなあ。
こいつも気になる要因のひとつです。

戸建て?マンション?持ち家?賃貸?新築?中古等?
どんな形になるのかはさておき、

「私は一体どんな家に住みたいのだろうか?」

真剣に考えてみることにします。
by boro9239 | 2005-10-16 15:48 | 私ん家 | Comments(6)