K+Y アトリエ一級建築士事務所

カテゴリ:世田谷線の車窓から( 20 )

レーモンド設計の教会、そして不思議な縁。

c0004024_22565530.jpg

今年のクリスマスはちょっとクリスマスらしく、近所の教会に行ってみた。
松陰神社前にある教会(変な言い回しですね)、東京聖十字教会
外観はドラム缶のようなちょっと異様な風貌ですがどこかしら品があります。
一歩中に入ると・・・
あのおなじみのラワンベニヤ仕上。
そうですこの教会、実はレーモンドの設計なのです。
壁がそのままカーブを描き屋根となる不思議な空間はまるでノアの箱船。
とても素敵な建築です。
集成材の構造材を使用した合掌づくりの空間としては、
日本最初の建築なのだそうです。
レーモンド変わり種バージョンの真骨頂。
是非、docomomoに入れてほしいですね。

ところでこの教会、私の運命に大きく関わる建築でもあり・・・
by boro9239 | 2006-12-26 22:47 | 世田谷線の車窓から | Comments(2)

キッチュな汽車

c0004024_9301616.jpg

この汽車は近くのお寺の境内を走る。
併設されている幼稚園の園児たちが朝これに乗るためにある。
ちょっとお寺にはいかがなものか?と思わなくもないが
そもそも極楽浄土は極彩色、お寺は一種のテーマパークな訳だから
これは正しい姿かも。園児は楽しそう。
by boro9239 | 2006-12-05 09:30 | 世田谷線の車窓から | Comments(6)

建具の家

c0004024_048141.jpg

軸組と建具による構成。
ガラス戸の格子が生み出す表情。
シンプルでいいですね。

近所の木造住宅。
by boro9239 | 2006-11-28 00:48 | 世田谷線の車窓から | Comments(2)

懐かしい駅

c0004024_162616.jpg

毎日お世話になっている最寄り駅。
けれど毎日見ているのに「懐かしい」と思うのは何故だろう?
この駅とももうすぐお別れ。
by boro9239 | 2006-11-16 00:56 | 世田谷線の車窓から | Comments(2)

三茶の名所

c0004024_2738.jpg


右から読んでください。
よくよく見るとなかなかかっこいい建物です。
by boro9239 | 2006-10-27 02:12 | 世田谷線の車窓から | Comments(2)

夏は過ぎたが

c0004024_12235395.jpg

外では祭り囃子が鳴り響いている。

世田谷区はこの季節も、お祭りが意外に多い。
しかも夏より本格的。きっと収穫祭の名残りだと思う。
世田谷らしい。

ご近所は神社仏閣が多く、また、もともと世田谷のへそということもあり
祭りやらフェスティバルやらがやたらと多く飽きない
いい街です。
by boro9239 | 2006-09-17 12:23 | 世田谷線の車窓から | Comments(6)

明日会えるかな?

c0004024_11291915.jpg

七夕の物語って日本の風物詩としては珍しく色っぽい話だと思いません?
by boro9239 | 2006-07-06 11:27 | 世田谷線の車窓から | Comments(2)

桜日和

c0004024_11572331.jpg


ご近所さんからさりげなくプレッシャーがかかってきたので・・・(笑)
近場でさくさくっとお花見。

先週は今イチ不調気味でしたがおかげさまで回復。
花見治療になりました。
by boro9239 | 2006-03-28 11:57 | 世田谷線の車窓から | Comments(6)

ご近所パラダイス/世田谷区役所

多少の当たり外れはあるものの、役所の食堂というのは結構狙い目。
こちらは近所の世田谷区役所の食堂。
時々利用しています。

設計者は前川國男。
彼の設計した公共建築は都市的なスケールを保ちながらも、
バランスよくヒューマンスケールが織り交ぜられているので
建築の中にゆったりと落ち着いたスペースが必ずと言ってよいほど存在します。
派手さは無いですが、なんだか空間がリッチなんですよね。
それが前川建築の魅力だと思います。

東京では今も大きな建築が次々生まれています。
けれど、見た目の派手さ、巨大さの割には、
本当の意味でリッチな空間って少ないような気がします。

c0004024_14123851.jpg

by boro9239 | 2006-03-24 10:12 | 世田谷線の車窓から | Comments(4)

JUST A LITTLE DAY

c0004024_9344363.jpg

JUST A LITTLE DAY、JUST A LITTLE DAY・・・
束の間の、たわいのない時間が集まると、
それが大切な一日になっているのかもしれない。





「JUST A LITTLE DAY」

アルバムWHITE ROOMより
YOSHII LOVINSON
by boro9239 | 2006-02-13 09:15 | 世田谷線の車窓から | Comments(0)