K+Y アトリエ一級建築士事務所

カテゴリ:works( 142 )

洗面室、トイレ/陽廻りの家

c0004024_12584644.jpg

c0004024_1341254.jpg


陽廻りの家は終の住処としてこれまで暮らしてこられた
一戸建ての住まいをリフォームしました。
特に水廻りのリノベーションは大きなテーマ。

浴室、洗面、トイレの配置はそれほど変わっていませんが、
設備は総入れ替え、サイズ変更、使い勝手の変更等で
かなり細かくかつ大きく手を入れています。

洗面カウンターは人工大理石でサイズを部屋の巾に合わせスッキリとデザイン、
鏡収納はIKEAの既製品、床はチークのフローリング。

水廻りの温熱環境の確保も終の住処としては大きなテーマ。
陽廻りの家はエネファームを採用していますが、
こちらの冷暖房はそこからまかなっています。

床のチークは工務店さんから余っているとの事なので
同じ予算内で入れてもらいました。
もちろんいつもこういう事がある訳ではありません。
それに空間に合わない場合もありますし。
あくまで運が良ければという事で・・・(笑)
by boro9239 | 2014-09-30 12:59 | works | Comments(0)

床の間/陽廻りの家

c0004024_8151183.jpg


耐震補強、採光の確保の為、床の間は既存から様変わりしましたが、
落し掛け、床柱は残し記憶を受け継いでいます。
また灯りの仕掛けを仕込む事で、
既存の平書院、新たに設けた正面の縦長の障子による間接照明の遊びも。
by boro9239 | 2014-09-20 08:13 | works | Comments(0)

板塀とデッキ/陽廻りの家

c0004024_9133254.jpg

既存のブロック塀の手前に板塀を建て、新たに広いデッキを制作。
外の景色がきれいになるとつい眺めたくなりますね。
デッキは庭と屋内を繋げ、部屋の広がりも与えてくれます。
by boro9239 | 2014-09-18 09:17 | works | Comments(0)

LDK/陽廻りの家

c0004024_9104480.jpg


以前は和室の続き間とお勝手だった一階を
ワンルーム的に空間をつなぐ事で開放感と採光を確保。
by boro9239 | 2014-09-18 09:12 | works | Comments(0)

廊下から/陽廻りの家

c0004024_984138.jpg


廊下からLDKを覗く。
二枚の框戸を引くとフルオープンの出入り口。
真ん中に既存の柱が残ります。
新築でここに柱を立てる事はまずやらないのでそれがかえって面白い。
これもリフォームならではの個性。
by boro9239 | 2014-09-18 09:09 | works | Comments(0)

生まれ変わった縁側/陽廻りの家。

c0004024_10175576.jpg


広縁、縁側。
そこに身を置いたときの気持ち良さは
日本人なら誰もが知っている事でしょう。

ところが実際は現代の生活とかみ合わず、
荷物置き場になってしまったりと、
上手く使いこなせないケースが多いです。

そこでリフォームの際は本来の縁側が持っている居心地の良さ、
使えるスペースとして活用してもらう為に、
積極的に色々な仕掛けをします。

今回特に良かったのは掃き出し窓をやめて肘掛け窓にした事。
クライアントのアイデアです。
これにより以前より居心地の良い上質な縁側に生まれ変わりました。

肘掛け窓の方が居心地が良くなる訳、ここに至るまで物語、
その他様々な工夫についてはまた別の機会に。

一戸建て住宅のリフォーム、陽廻りの家。
by boro9239 | 2014-09-11 10:31 | works | Comments(0)

リビングダイニング/陽廻りの家

c0004024_17234556.jpg

もともと和室の二間を一室空間としてリフォーム。
床はフローリングに。
一戸建てのリフォーム、陽廻りの家。
by boro9239 | 2014-09-03 17:24 | works | Comments(0)

何を残すかもリフォームの醍醐味

c0004024_12333340.jpg

廊下は既存の良さを出来るだけ活かす。
壁は新たに漆喰。
ヒマワリノイエ。
一戸建てフルリフォーム。
by boro9239 | 2014-08-11 12:25 | works | Comments(0)

ちょっと不思議な白の世界

c0004024_1353292.jpg

よく見るとちょっと不思議な光景になりました。
by boro9239 | 2014-05-15 13:05 | works | Comments(0)

物が納まってこその箱階段

c0004024_1313057.jpg


先日、市川市k邸にお伺いしました。
お引渡しから半年、早いようでもあり短いようでもあり。

上手に住みこなしているご様子で、設計者としては嬉しくもあり、
ちょっとホッとします(笑)。

写真は箱階段。やはり物が納まった方がずっと箱階段らしくなりますね。
いくつかのサイズの違うボックス収納を
上手く組み合わせて納めてありました。お見事です。

(施工:タケワキ住宅建設)
by boro9239 | 2013-10-10 17:12 | works | Comments(0)