K+Y アトリエ一級建築士事務所

カテゴリ:ブンカケイ( 46 )

アートを探す/第17回我孫子国際野外美術展

c0004024_12203764.jpg

雑木林の奥に点在するアート。
美術館があまり好きでない息子もちょっとした探検気分を味わえるので、
これは楽しいらしい。
by boro9239 | 2014-11-10 12:22 | ブンカケイ | Comments(0)

夏休みの読書感想?

c0004024_16293970.jpg

かまわぬと角川文庫のコラボ。
これなら普段殆ど小説を読まない私でも
思わず手に取ってみたくなります。

というわけでこの中から
夏目漱石の「こころ」を入手。
by boro9239 | 2014-08-10 16:29 | ブンカケイ | Comments(0)

福家警部補の挨拶

学生時代の友人であり、私達k+yアトリエのクライアントでもあった方が関わっている、
現在放送中のテレビドラマ、「福家警部補の挨拶」

まだ最新話まで見れていませんが、とても面白い。
役者同士の掛け合いも楽しい、好きなタイプのドラマです。

朝ドラは見ていますが、TVの1時間ものドラマで
ここ十数年で見たのは「熱海の捜査官」ぐらいなので(笑)、
ホントに久しぶりにシリーズドラマを堪能中。
by boro9239 | 2014-03-08 10:20 | ブンカケイ | Comments(0)

ほとばしる才気

c0004024_1753330.jpg


第44回柏っ子造形展に息子の作品のお面がクラス代表に選ばれ、
展示される事になったので見に行きました。
息子曰く、鼻のにょろにょろがポイントだとかw。

柏の小中学生から選ばれた作品が展示されていて、
その子供達のほとばしる才気に圧倒。
良い刺激をもらいました。
by boro9239 | 2014-02-02 17:52 | ブンカケイ | Comments(0)

ル・コルビュジエの家

主人公はコルビュジエが設計した住宅に住むデザイナー。
ある日その隣に引っ越してきた、少々風変わりな男が
自分に家のリフォームを始めるが、新たに窓を付け始めた事から、
二人のいざこざが始まる・・・
アルゼンチン映画。

レンタルショップで発見。
こんなマニアックな映画、すぐ無くなるような気がするので、即レンタル(笑)。
不条理もの?、心理劇がお好きな人なら大丈夫だと思いますが、
眠くなる人は眠くなるかも。

主な舞台は、ブリーズ・ソレイユが特徴的なファザード、内部にスロープ、
いかにもル・コルビュジエな、クルチェット邸。
建築好きな人ならやはりそれなりに楽しめると思います。

個人的には門廻りのデザインが興味深かったです。
コルビジェの家で、ミースの話をするところなんてちょっとクスッときます。

ル・コルビュジエの家 [DVD]

アメイジングD.C.


by boro9239 | 2013-11-21 14:45 | ブンカケイ | Comments(0)

東京ステーションギャラリーからの眺め

c0004024_11473829.jpg

東京ステーションギャラリーの続き。
ここのギャラリーにいくと最後に
東京駅のホールを上から眺める事が出来ます。

それからこんな風に・・・
by boro9239 | 2013-01-29 11:52 | ブンカケイ | Comments(0)

東京ステーションギャラリー「始発電車を待ちながら」

c0004024_167012.jpg

東京ステーションギャラリー「始発電車を待ちながら」。
リニューアルオープンの第一弾(だと思います)。
プラレールのインスタレーションがサイケでカッコ良かったです。
床、壁、天井の大量のプラレールは男子心をくすぐる夢のような作品でした(笑)。

展示スペースの外にもプラレールがはみ出していたり、遊び心のある構成。
他にも影のインスタレーション、映像作品等
なかなかグッと来る作品が多くおすすめの展示会です。
会場は過去の建物のレンガ材の壁が露出していてそのあたりも見どころです。
ただ会場案内の人達が妙にせかす誘導をするのにはちょっと残念。
今後は改善して欲しいところですね。
by boro9239 | 2013-01-28 16:07 | ブンカケイ | Comments(0)

チャップリンのモダンタイムス

モダン・タイムス [DVD]

パイオニアLDC



9歳の子供に見せたい映画、というくくりで借りてきました。
20年ぶりぐらいでしょうか。

ドリフのようでもあり、ダウンタウンのコントのようでもあり、
さすが世界の喜劇王、まず単純に子供も大人も笑えます。

大人になって改めて観るとその映画としてのルックの美しさ、
トーキーとサイレントの狭間にある摩訶不思議な音の演出、
当時の映画スターとしてのチャップリンのメタ的な存在感、
作品で描かれているその時代背景の過酷さや切なさ、
そこにデジタルリマスター版の独特なクリアー感が相まって、
もうなんだかありとあらゆるものがワーっと押し寄せて来る、
実に楽しい映画体験でした。

あの名曲「スマイル」がこの映画のテーマ曲であり、
チャップリン作曲だったという事も恥ずかしながら初めて知りました。

なかなか1日で見る暇がないので
一週間かけてちょっとずつ見るという、
映画好きからはおしかりを受けそうな見方でしたがそこはお許しを(笑)
さて、次は何を借りてこようかな。
by boro9239 | 2013-01-22 16:09 | ブンカケイ | Comments(0)

おくりびと

c0004024_14523443.jpg

仕事で映画を見るのは初めてです。
映画「おくりびと」の「アレ」を見て、というお客様からのご要望がありましたので。
これもまた、設計という仕事の醍醐味ですね。

死ぬという事、生きるという事。

この作品では死が何度も描かれる一方で
食べるシーン、つまり生が何度も描かれています。
「アレ」が出てくるのは食べるシーンのひとつ。
この映画の中でもとても印象的で好きなシーンでした。
by boro9239 | 2012-12-21 14:53 | ブンカケイ | Comments(0)

今年のAIOE我孫子国際野外美術展

c0004024_1442213.jpg

今年のAIOE我孫子国際野外美術展(既に終了)。
美術館に連れて行くとテンションの下がる息子ですが(笑)、
屋外アート、このイベントは毎年楽しんでいます。
私(国美)は痛風と多忙につき今年は残念ながら見送り。
近場で「アートラインかしわ」がまだやっているので、
そちらは覗いてみたいと思っています。
by boro9239 | 2012-11-15 14:05 | ブンカケイ | Comments(0)