K+Y アトリエ一級建築士事務所

モクサンSさんの家上棟式

c0004024_15254181.jpg

狭小敷地、厳しい法規制、けっして良好とはいえない地盤。
単なる悪条件としてとらえてしまえばそれまでですが、
それらの条件と真正面から向き合えば、
ひとつの個性として地域性を獲得した住宅となり得るのでは?
Sさんの家はそんな予感を感じさせる住宅です。

木造準耐火3階(略してモクサン)、天空率、OMソーラー、その他様々な工夫。
まさに田中工務店の気概と知恵を結集した家。
そして何より、建て主のSさんご家族の度量の広さの賜物です。

我々も設計サポートとして参加しました。
なかなかこういった仕事に参加できる機会は無いものです。

技術の粋は三代目ダイアリーにて。ブログからも気持ちが伝わってきますね。(笑)




上棟式では「よいとまけの唄(美輪明宏とは違う唄)」、「建前の唄」を披露した
田中工務店の重鎮「よ」大工。
美しい歌声でした。

えらく感激していたら、二次会へ「よ」大工直々のご指名。
そしてそのままマンツーマンで噂の「よ」大工ワールドへ・・・。

皆さんお疲れさまでした。
c0004024_1775682.jpg

by boro9239 | 2006-06-01 15:25 | works | Comments(8)
Commented by mackenrow1 at 2006-06-02 00:36
先日はありがとうございました、「よ」大工の歌が聞けたので
上棟式をやった甲斐がありました、これからもサポートよろしくお願いします。
Commented by nonojiji2002 at 2006-06-02 06:43
お疲れ様でした。
今回はいろいろ勉強させて頂きます。
「よ」ワールドついに行ってしまいましたね^^
Commented by boro9239 at 2006-06-02 09:04
mackenrow1様、こちらこそありがとうございました。
とても素敵な上棟式でした。
まだまだしばらくよろしくお願いします。
Commented by boro9239 at 2006-06-02 09:04
nonojiji2002様、次は一緒に・・・
Commented by kazuo-nakazato at 2006-06-02 19:13
民謡などを謡う職人さんがいなくなりましたね。
木遣だけでなく、宴会の途中での歌がいいのですけれど。
Commented by tanaka-kinoie at 2006-06-03 09:26
本当悪く捉えればそれまでだけど、地域の大きな特徴、スタンダードです。
そんな中でここまで出来るのは、正直うちしかないと思ってます。
Commented by boro9239 at 2006-06-03 11:57
kazuo-nakazatoさん、響き渡る歌声がなんとも心地よく、どこか神々しいんですよね。やっぱりこうった空間に似合う唄はロックでも
ポップスでも演歌でも無いですね。
Commented by boro9239 at 2006-06-03 12:16
tanakaさん、メディアではこれみよがしなアクロバティックな狭小住宅が良く取り上げられますが、そんなことわざわざしなくてもいいのに、という事を教えてあげたくなるような家ですよね(笑)。もっともさりげない工夫というのがなにより難しいところですが。