K+Y アトリエ一級建築士事務所

記憶、つながりました/町工場再生「M」

c0004024_9462090.jpg

「何を生かすのか?」
設計の大きなテーマの一つだと思います。

この鉄骨柱はここがかつて町工場だった証でもあります。
いわば過去と未来の思いをつなげる「記憶柱」なのです。
更に、構造的に抜く事はできません。

それなら隠さずに積極的に生かそうと思いました。
リフォームならではの醍醐味、ですね。

設計企画・施工/田中工務店
by boro9239 | 2006-04-23 08:33 | works | Comments(4)
Commented by masa-aki.m at 2006-04-27 12:31
これ、カッコいいです。
でもぶつかったら痛そう。
Commented by boro9239 at 2006-04-27 13:03
masa-aki.mさん、ありがとうございます。ガードを設置するという案もありましたが、クライアントとの話し合いでせっかくだからこのままが良いとうことになりました。もちろん動線には配慮してプランニングしていますのでぶつかる事は無いと思います、多分。(笑)
Commented by kazuo-nakazato at 2006-04-28 20:00
リフォームもこれくらい変わったらおもしろいですね。
Commented by boro9239 at 2006-04-29 00:00
kazuo-nakazatoさん、こんなに変わっちゃったんだ!なんて思ってしまういました。(笑)とても面白い仕事でした。