K+Y アトリエ一級建築士事務所

再びhomifyの特集で取手市O邸新築工事が取り上げられました。

c0004024_857131.jpg

homifyにて再び取手市O邸が再び取り上げられました。
今回は新築のプロジェクトとして。→今回の特集
ちなみに前回は何故かリノベーション特集の一例としてでした(笑)。→前回の特集


小さな家のススメ。

家は広い方が良い、というのは普通に思う事でしょう。
しかし、家が広く大きくなれば、当然その分の費用もかさみますので、
広さを取る分、何かをあきらめなければなりません。
予算に余裕があればまた話は別ですが、そうもいかないのも現実です。

けれどその広さは本当に必要な広さでしょうか?
無駄な贅肉となっていないでしょうか?

私達は一戸建てのリノベーションも多く手がけていますが、
広すぎる家は案外有効に使われていない事が多いです。
掃除も大変ですし、メンテ、改修にも広い分お金が掛かってしまいます。
お子様も巣立つと尚更です。

では小さな家はどうでしょう?

取手市O邸は、約23.5坪(吹抜け含め約25坪)でコンパクトです。
しかし開放的な吹き抜け、クライアントこだわりの飾り棚、
シューズクローゼット、小屋裏収納、自然素材、床暖房…
コンパクトながら、濃厚で楽しい住まいです。
将来の事も踏まえ設計されています。
敷地は約57.6坪なので、余裕がありとてもゆったりしています。

小さな家でも快適で開放的で居心地の良い住まいにする事は可能なのです。

取手市O邸は本体工事、外構工事、設計料、ブラインド類、消費税(当時5%)等、
建築に関わる殆どの費用は2100万円以下に抑えています。
しかし、いわゆるローコスト住宅ではありません。
これだけ中身や質を充実させれば当然の事です。
しかしコンパクトにすれば総額を抑える事が出来ます。

家をコンパクトにして、自分の理想の家に近づける。
そんな逆転の発想も検討してみてはいかがでしょう?

→取手市O邸新築工事
by boro9239 | 2016-04-22 08:48 | お知らせ・イベント | Comments(2)
Commented by 取手市O at 2016-06-02 05:04 x
お世話になっております。

記事を拝見させていただきました。
家を建てようと思った時は無理な予算かなと思いつつ、
ご相談させていただいたのですが…
ローコストは言いつつも住んでみると狭さを感じず、
とても居心地のいい家で毎日仕事から帰るのが
楽しみな家なんですよね。
なにより長男がこの家が好きだと言ってくれていることが
いい家をデザインしていただいた証拠だと思います。
Commented by boro9239 at 2016-06-02 22:27
Oさん、ご無沙汰しております。
homifyの記事はローコストがタイトルになっていたので、
ブログの記事は少しフォローを入れておきました。
仕様や内容は決してローコストではないですからね(笑)。
(homifyの記事はライターの方が編集構成しています。)
敷地探しからご一緒させて頂き、別の敷地から始まった設計プロセスは
私達にとってはとても楽しく貴重な体験でした!